公開日: |最終更新日時:

コインパーキングを訪れると、必ずと言ってよいほど設置してあるのが自動販売機。コインパーキング経営に自動販売機を設置するメリットをまとめました。

自動販売機を設置するメリット

釣銭切れ対策

コインパーキングを利用した時、飲み終わったドリンクを捨てて新しく飲み物を買う人は多くいます。そして、自動販売機が設置してあるコインパーキングが多いからこそ、「自動販売機が設置していない」というだけで不便に感じられてしまうきっかけになりえます。昔は、自動販売機が両替機の小銭をつくる役割を果たしていたため、必ずと言っていいほど設置されていました。現在は、キャッシュレスや釣銭機能付き精算機が増えているので、両替機としての役割を果たしていませんが、万が一の釣銭切れにも対応できるので、設置しておくと便利でしょう。

デッドスペースの有効活用

コインパーキングの設計上、どうしてもできてしまうデッドスペース。自動販売機はそのデッドスペースを活用するのに適しています。このデッドスペースをそのままにしておくと、ごみを捨てられたり、違法駐車・駐輪をされたり、複数人が集まって話し込んでしまったりして、近隣からのクレームが発生する原因にもなります。そのようなデッドスペースを自販機で埋めることで、未然にトラブルを防ぐことになるのです。ゴミ箱や在庫、集金などは業者に任せられるので、オーナーの手間がかかることがないのも、おすすめの理由です。

収入が増える

自動販売機を設置すると、その自動販売機のドリンク売上に応じた収入が入ってきます。自動販売機の電気代はオーナーが持つことになりますが、近年は省エネタイプの自動販売機が多く、駐車場の利用台数や周辺の自販機の設置状況、店舗の有無などによっては安定して良い収入源になり得るのもおすすめの理由です。条件が良い場所の場合は、設置協賛金という一時金が貰える場合もあるので、いろいろな会社から見積もりをとってみると良いでしょう。

コインパーキング経営を成功させる
コインパーキング経営を
成功させる

コインパーキング経営会社を
58社徹底調査!

コインパーキング経営で安定した収益を得られる会社はどこ?
安定した収益で機器メンテナンスや運営管理もまるごと任せられる会社を調査しました。

おすすめのコインパーキング経営会社を今すぐ確認