公開日: |最終更新日時:

コインパーキング経営は、その他の不動産経営に比べ初期費用も少なく、初心者でも始めやすいという点で注目を浴びています。ここではコインパーキング経営を始める際の流れを紹介。ぜひチェックしてください。

コインパーキング経営の流れ

何事も始める前に全体像を掴むことが大切。コインパーキング経営を始めるにあたっても、どのように経営を始めるのか、まず流れを把握しましょう。

駐車場として経営するための土地の調査

コインパーキング経営は「どの土地で行うか」で運営が上手くいくかどうかが左右されます。そのため最初に、コインパーキングにする予定の土地が、駐車場に適しているかどうかを調査することが大切です。確認すべきポイントの例として、

  • 15㎡以上のスペースがあるか
  • 幅員が4m以上の道路に面しているか
  • 入口や出口付近に電柱などの障害物がないか
  • 人が訪れやすい立地かどうか

といった4つがあります。これらのポイントを押さえた土地であれば駐車場に適していると言えるでしょう。

15㎡のスペースで車が1台駐車できるので、利用者の動きやすい、使いやすいスペースであるためにはそれ以上の広さが必要となります。また幅員4m以上の道路に面し、出入り口に障害物がなければ、駐車場として利用しやすいでしょう。駐車場の土地を選ぶ際は利用者側の目線に立ち、自分だったら利用したいと思うか、利用しやすいかどうかを考えて調査してください。

運営会社に相談する

個人で運営する場合、コインパーキングの運営会社に相談する必要はありません。しかしコインパーキング経営に際して不安があるような場合は運営会社に任せるのも一つの手だと知っておくと良いでしょう。運営会社はコインパーキング経営のノウハウを心得ているだけでなく、運営・管理のサポートも行ってくれます。自分自身にピッタリの運営会社が見つかれば、より安定した、或いは自分のニーズを満たすような駐車場運営の形態を提案してもらえることもあります。

コインパーキング工事

コインパーキング経営を行う場合、精算機・ロック版・照明・看板などの機器が必要です。もし土地が舗装前であれば舗装の工事も必要になります。

コインパーキング経営を
始めるための注意点

コインパーキング経営に失敗しないためにも、あらかじめ注意点を押さえておきましょう。

立地を重視する

駐車場は立地が非常に重要です。たとえば駐車場付近に駅や商業施設がなければ、利用する人は極端に少なくなってしまいます。駅や商業施設など人の集まる環境であれば利用者も増え、利益が見込めます。

相場を把握する

近隣の駐車場の相場をチェックすることも重要です。相場から大幅に高ければ利用者は減ってしまい、反対に安ければ損をします。適正な料金設定が必要になるため、周辺の駐車場情報のリサーチも怠らないようにしましょう。

駐車しやすい配置にする

立地も良く、駐車料金も相場通りだとしても、駐車しにくい駐車場であれば本末転倒、利用者の足は遠のきます。利用者の目線に立ち、駐車しやすいデザインにすることが大切です。

コインパーキング経営を成功させる
コインパーキング経営を
成功させる

コインパーキング経営会社を
58社徹底調査!

コインパーキング経営で安定した収益を得られる会社はどこ?
安定した収益で機器メンテナンスや運営管理もまるごと任せられる会社を調査しました。

おすすめのコインパーキング経営会社を今すぐ確認