公開日: |最終更新日時:

隙間スペースがもったいない‥・。コインパーキング経営で誰もが一度は感じたことがあるはずのデッドスペースの問題。ここでは、コインパーキングのデッドスペースを有効活用する方法について紹介します。

 

コインパーキングのデッドスペースとは?

コインパーキングにおけるデッドスペースとは、土地を整地し駐車スペースをレイアウトした後に発生する、無駄なスペースのことです。

コインパーキング経営では、土地を可能な限り有効活用するため、ギリギリまで効率性を追求してレイアウトを考えますが、それでも土地の形状や大きさは多種多様であるため、100%限界まで駐車スペースを作り出すことは難しく、どうしても“余り”や”隙間”が出来てしまいます。この余ったスペースや隙間こそが、デッドスペースです。

コインパーキングのデッドスペースに関しては、「隙間だから仕方ない」と諦める必要はありません。駐車スペースを得ることは難しくても、別の方法で有効活用することができるのです。複数の方法を紹介していきますので、土地に合った方法を探してみてください。

コインパーキングのデッドスペースを活用方法

コインパーキングのデッドスペースを有効利用できる4つの方法を紹介します。

自動販売機の設置

コインパーキングのデッドスペースの活用事例としてよく知られているのは、おそらく自動販売機の設置でしょう。日本では自動販売機の普及率が高く、売り上げも世界トップレベルを誇るなど、自動販売機という存在は国内にすっかり浸透し定着しています。

コインパーキングのデッドスペースに自動販売機を設置する利点は、駐車場の利用者のみならず、道行く人々すべてをターゲットにできることや、豊富な種類の中から土地に合った自動販売機を選べること、自動販売機の売上に応じて手数料収入が得られることです。

コインパーキングの稼働率が高まれば高まるほど、自販機による収益も伸びていくでしょう。

コインパーキングに自動販売機を設置する
メリットについて詳しく見る

コインロッカーの設置

小スペースの活用方法としては、コインロッカーの設置も有効です。とくに駅前や繁華街など多くの人が集まる場所では、荷物の一時預かりのスペースに対する需要が常に多くあり、デッドスペースに設置することで、土地の有効活用が可能になるだけでなく、売上アップによる収益性の向上も期待することができます。コインロッカーは狭い場所にも設置することができ、安い初期投資で始められるなどリスクが少ない点がメリットです。

証明写真機の設置

運転免許・履歴書・パスポートなど、付近に証明写真を必要とする施設がある場合のデッドスペースには、証明写真機の設置も土地活用方法としておすすめします。自動販売機の設置と同様に、特別なスキルや資金は必要なく、証明写真への需要がある限り、設置するだけで利益を得ることができます。証明写真機と自動販売機を併用して設置することができれば、収益性はさらに高まるでしょう。

月極バイク駐車場の設置

バイクの月極駐車場を設置するというのも、狭小スペースの有効活用としてはオーソドックスな方法の一つです。デッドスペースにおいては、自動車一台分には足りなくても、バイク一台分なら十分に駐車スペースが作れるというケースが少なくありません。そういう場所に月極バイク駐車場を設置して、集客することができれば、コインパーキングの収入と合わせて収益を伸ばすことができます。月極バイク駐車場は初期費用が少なく、変形地や狭小地でも運営できる点がメリットです。

コインパーキング経営を成功させる
コインパーキング経営を
成功させる

コインパーキング経営会社を
58社徹底調査!

コインパーキング経営で安定した収益を得られる会社はどこ?
安定した収益で機器メンテナンスや運営管理もまるごと任せられる会社を調査しました。

おすすめのコインパーキング経営会社を今すぐ確認