公開日: |最終更新日時:

コインパーキングでは「水勾配」がほどこされています。水勾配とは水捌けのための機構。どんな仕組みか、作らなかったらどうなるかなど、コインパーキングの水勾配について解説しています。

水勾配とは水捌けのために作られた人工的な勾配

水勾配とは、コインパーキングをはじめとした駐車場に作られる人工的な勾配です。水勾配がないと、大雨が降れば水捌けが悪くなり、あちこちで水たまりができてしまいます。雨のたびに、水浸しになるようなコインパーキングは誰も使いたがりません。

水勾配は、水捌け以外に水によるカビやコケの発生予防という目的もあります。敷地の面積が広い場合、中央に設置されたり端に設置されたりなど、条件によって設置場所が変化。中央と端を組み合わせて設置するケースもあります。

水勾配の傾斜は一般的に2%程度

水勾配の傾斜は一般的に2~3%程度です。1メートルの距離に対して2センチ~3センチ下がると考えればいいでしょう。この程度の傾斜でも水は下方へしっかり流れます。視覚的に傾斜があるとはわかりません。歩いていても、気づかないほどです。実は、一般の歩道でも2%の傾斜があります。注意しないとわからないレベルです。

自動車を駐車するのが目的のコインパーキングでは、水捌けがよくなるからといって、傾斜を10%以上にしてはいけません。サイドブレーキが甘くなると、傾斜で車が動いてしまい、事故につながる可能性があるからです。

逆に勾配を少なくし過ぎると、今度は水の流れが悪くなります。2%程度が水勾配の妥当な傾斜度です。

水勾配を作らないと起きる可能性がある弊害

水勾配を作らないと水捌けが悪くなり、利用者に不都合が生じます。例えば、水勾配がないと利用者は水たまりがたくさんある場所を歩かなければなりません。大雨があれば、水たまりは深くなります。もしも自動車のマフラーに水が入れば大問題です。故障につながります。

水勾配はシロアリの発生にも関係するので要注意。住宅の隣に水捌けが悪いコインパーキングがあると、湿気の影響により、シロアリが住みやすい環境になります。特に梅雨は、シロアリの発生時期と重なるため、水勾配のないコインパーキングは近隣住民にとって大迷惑です。

また、厳寒地だと、水勾配のないコインパーキングでは雨水の凍結リスクが高まります。自動車や人が滑るコインパーキングを利用したい方はいません。「自動車が滑って他の自動車や壁や設備にぶつかる」「高齢者が転んで骨折する」といったの危険が生じます。

まとめ

水勾配は必須!

コインパーキングに水勾配はマスト。水勾配がないコインパーキングは利用しにくく、利用者が減ってしまいます。必要なコストは削減すべきではありません。きちんと水勾配を設置し、利用者にやさしいコインパーキングにしましょう。

コインパーキング経営を成功させる
コインパーキング経営を
成功させる

コインパーキング経営会社を
58社徹底調査!

コインパーキング経営で安定した収益を得られる会社はどこ?
安定した収益で機器メンテナンスや運営管理もまるごと任せられる会社を調査しました。

おすすめのコインパーキング経営会社を今すぐ確認