公開日: |最終更新日時:

コインパーキング経営は、始めるときだけでなく、やめるときの事も考えておかなければなりません。コインパーキングの撤退時には、撤去費用の負担の問題や、明け渡しにかかる日数、交渉すべきことなど、考慮すべき問題が多くあります。項目ごとに詳しく解説していきますので、参考にしてみてください。

 

コインパーキングの撤退時にやること

  コインパーキングの撤退時に何をすればいいのか‥まったくイメージできない方も多いかもしれません。
具体的には以下のような対応が必要になります。

・コインパーキングの撤退時に必要な対応

  • 運営会社に駐車場の“解約通知”を出す
  • 駐車場機器・設備・看板等の“撤去”
  • アスファルト・コンクリート等の“舗装工事”

①運営会社への「解約通知」

解約通知は、コインパーキング経営について解約したい旨の意思表示を書面にて運営会社に通知することです。運営会社によって違いがありますが、一般的には2~6ヵ月前に解約通知を送る必要があります。

②駐車場機器・看板等の撤去工事

文字通り駐車場内に設置した機械や設備、看板類の撤去工事を行います。工事自体は1~2日程度で終わりますが、撤去工事から受け渡しまでの期間は約2週間程度に設定されているケースが多いです。

駐車場の舗装工事

本来の舗装工事は、アスファルトやコンクリート等により地盤面を舗装する工事です。コインパーキング撤退時に行う舗装工事では、舗装材料を全て残すパターン、全て取り除くパターン、一部だけ残す場合もあるなどケースバイケースとなっています。

コインパーキングの撤去費用は誰が負担する?

 

コインパーキングの撤退時に必要な駐車場機器や設備の撤去費用は、誰がどのように負担するのでしょうか?これについては、駐車場の経営方式や契約内容によってケースバイケースです。

まず、土地オーナー自身が駐車場の運営主体となって経営を行っていた場合は、撤去費用のすべてを土地オーナーが負担します。

一方、土地オーナーが運営会社に土地を貸し運営会社が駐車場を経営する「一括借り上げ方式」の場合は、運営会社が全額負担するケースや、土地オーナーと運営会社が事前に決めておいた割合で分担するケースなど、契約内容によって様々です。

コインパーキング経営をはじめるときは、撤去時の費用負担に関する契約内容についてあらかじめ確認しておきましょう。

明け渡しにかかる日数は?

 

運営会社に解約通知を送ってから土地の明け渡しまでにかかる日数は、契約書に記載された明け渡し期間を適用します。契約により異なりますが、一般的には、解約日から2週間以内という期間設定が多いです。当然ながらこの2週間の中には、機器や設備の撤去工事、舗装工事の期間も含まれています。

明け渡しの際に交渉すべきこと

 

駐車場機器や設備の撤去工事は、「契約書の明け渡し期間」に設定された2週間以内(1日か2日)に終わってしまうケースが殆どです。従って、土地の無駄な浪費を避けるため、あらかじめ運営会社に対して明け渡し期間についての契約交渉を行い、明け渡し期間を変更して短くしてもらう必要があります。明け渡し期間を短縮することで、早いタイミングで次の土地活用を開始することができます。

また、撤去工事や舗装工事に関してはその費用負担をめぐってトラブルになるケースが多いため、こちらも事前に契約内容を確認しておき、必要に応じて交渉することが大切です。撤去工事に関して誰が、なにを、どれぐらい負担するのかについて明確にしておきましょう。

コインパーキング経営を成功させる
コインパーキング経営を
成功させる

コインパーキング経営会社を
58社徹底調査!

コインパーキング経営で安定した収益を得られる会社はどこ?
安定した収益で機器メンテナンスや運営管理もまるごと任せられる会社を調査しました。

おすすめのコインパーキング経営会社を今すぐ確認