公開日: |最終更新日時:

交通量の多くない印象がある田舎。条件次第で、都市部より需要が期待できる場合もあります。田舎のコインパーキング経営でも、向いている土地とは?経営する際の注意点などを解説します。

田舎でもコインパーキング経営はできる?

田舎でのコインパーキング経営には複数のメリットがあります。都市部と比較すると固定資産税が安いため、初期コストを抑えられます。一旦コインパーキングにしても、すぐに別の土地活用に移れる気軽さがあるのです。賃貸経営のように、借地借家法に縛られません。土地の売却を前提に、買い手が見つかるまでコインパーキング経営をする方法も取れます。

田舎でコインパーキング経営をする際の注意点

農地法

農地法には注意が必要です。農地は農地法で自由に売買や転用ができないというルールがあります。農地をコインパーキングにしたい場合、都道府県知事の許可が必要です。市街化区域内の一定の農地なら、農業委員会に届出なければなりません。コインパーキング経営をするなら、まずは農地か確認が必要です。

市街化調整区域

市街化調整区域にも注意が必要です。都市計画法で決められた都市計画区域だと、一定の開発をする場合には都道府県知事に許可を求めないといけません。原則として建物は建てられないのです。コインパーキングは建物ではないため認められますが、土地の活用方法が限定されるため確認することが推奨されます。

コインパーキング経営に向いている田舎の土地とは?

郊外のショッピングモールの近辺なら需要がある

郊外にあるタイプのショッピングモールなら需要があります。建設前なら候補に入れておいたほうがいいでしょう。

オフィスや工場や倉庫の近くは需要がある

田舎でもオフィスや工場や倉庫で十分な敷地を確保していない場合もあります。そのとき、コインパーキングは需要が出てくるのです。

観光地の近くも需要がある

観光地の近くも多くの人が駐車場を求めます。特に周辺にコインパーキングがないなら、観光客をターゲットにした需要が見込めるでしょう。ただし、季節ごとに需要が変化する観光地だと注意が必要です。夏はたくさん人が訪れても冬はいないという点を考慮に入れてください。

コインパーキング経営を成功させる
コインパーキング経営を
成功させる

コインパーキング経営会社を
58社徹底調査!

コインパーキング経営で安定した収益を得られる会社はどこ?
安定した収益で機器メンテナンスや運営管理もまるごと任せられる会社を調査しました。

おすすめのコインパーキング経営会社を今すぐ確認