公開日: |更新日:

コインパーキング経営でおすすめの
パートナー会社6選をチェック

このページでは、信頼できるコインパーキング会社を見つけるための選び方について、一般的に注意しておくべきポイントや確認しておくべき内容などを解説しています。コインパーキング経営のリスクを減らせるようにぜひご活用ください。

コインパーキング会社との契約形態は2種類+α

基本的にコインパーキング会社との契約形態は「一括借上方式」と「運営管理委託方式」の大きく2種類があり、それぞれにメリットとデメリットがあります。

なお、土地オーナーが自分でコインパーキングの運営管理を行う自主管理方式の場合、駐車場設備や必要な機器といったものに関してプランニングや導入サポートを行ってくれるケースもあり、コインパーキング経営に慣れている人であればそのような選択肢を検討してみるのも有効でしょう。

ここでは主として一括借上方式と運営管理委託方式について解説します。

一括借上方式

土地をコインパーキング会社がオーナーから一括で借り上げてコインパーキングを経営し、オーナーへは月々の賃料として費用を支払うというスタイルです。

一括借上方式ではオーナーは土地をコインパーキング会社へ貸すだけなので初期費用などが発生せず、またコインパーキングの稼働率にかかわらず一定の収入を賃料として得ることができます。

運営管理委託方式

コインパーキングの経営主体はあくまでもオーナーが担当し、必要な運営業務についてコインパーキング会社へアウトソーシングするスタイルです。

コインパーキングの稼働によって発生した収益はオーナーが獲得し、契約内容に応じた一定の管理手数料をコインパーキング会社へ支払う形です。

失敗リスクを減らすために注意すべきコインパーキング会社の選び方4項目

コインパーキング経営の失敗リスクには様々な要因が考えられますが、一般的にリスク軽減を目指す上で注意すべきポイントを4つ解説します。

24時間管理体制

コインパーキングは原則として24時間365日の稼働が前提とされています。そのため、必然的にクレーム対応や事故対応といったトラブルに関するサポートも24時間体制で行われていることが重要です。

ただし、クレーム対応や事故対応の内容についてはコインパーキング会社や契約会社によって違いがあり、どこまでの対応をコインパーキング会社が行ってくれるのか一次対応の内容や範囲、二次対応の注意点などを事前に確認しておきましょう。

なお、一括借上方式の場合は全ての基本業務をコインパーキング会社が担当するため、オーナーにとってクレームの一次対応などの負担が発生することは原則としてありません。

初期費用・運用費無料

初期費用や運用費についてもあらかじめ確認しておくことが不可欠です。

一括借上方式の場合、コインパーキングの経営に必要な設備や機器はコインパーキング会社が用意するため、初期費用やランニングコストは基本的に無料です。

また運営管理委託方式の場合でも、設備の導入や設置についてサポートプランを用意している場合もあり、具体的にどのような費用が発生するのかシミュレーションしておくことが肝要です。

加えて、設備をオーナーが設置・管理する場合、定期的なメンテナンスや故障時の費用についてもチェックしておきます。

1台分から運営可能

駐車場として1台からでも運用できるコインパーキング会社であれば、狭小地や変形地のような一般的に活用性の低い土地であっても効果的なコインパーキング経営プランを構築できる可能性があります。

ただし、物理的に1台からコインパーキングを経営できたとしても、それによって期待される収益性と初期費用や運用費用とのバランスが取れていない場合、コインパーキングとしての活用について慎重になる余裕も必要です。

近隣施設との提携サポート

コインパーキングの周辺に様々な店舗や施設が存在している場合、近隣施設との提携を考慮することもアイデアの1つです。

近隣の病院や商業施設、個人経営の店舗などと業務提携を行って、それらを利用した人々が優先的にコインパーキングとして活用してくれるとなれば、稼働率の悪化を回避することにつながります。

なお、業務提携は初心者が個人で契約することは簡単でないため、ノウハウを有しているコインパーキング会社へ代行してもらえるように相談することも良いでしょう。

その他のコインパーキング会社の選び方ポイント

上記の他にも意識しておくべきコインパーキング会社の選び方のポイントについてまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

インターネット上にある「まとめサイト」の情報に注意

インターネット上には様々なジャンルに関して情報をまとめた「まとめサイト」が存在していますが、必ずしもまとめサイトに掲載されている内容については信頼性が担保されていたり、会社や情報の選定に関して公平性が確保されていたりするとは限りません。

そのため気になる会社があれば必ずホームページや公式サイトで詳細を確認してください。

ホームページの充実度や利便性

インターネットで情報を収集・発振することが一般的な現代において、ホームページの利便性や充実度は会社としてどれだけユーザーや顧客へ誠実に情報を伝えようとしているのか、客観的に評価する目安の1つとなります。

知りたい情報がきちんと紹介されているのか、問い合わせ先や契約までの流れなどについて分かりやすく掲載されているのかなど、可能な限り各ページをきちんとチェックしましょう。

会社としての社会的信用度

企業として客観的・社会的に信用できるかも重要なポイントです。

上場の有無やグループ会社の有無といった面だけでなく、創業からどれだけの期間にわたって事業が続けられてきたのかなど、会社としての歴史や沿革も確認しておきます。

本社や営業所の所在地

本社や営業所が遠方にしかない場合、万一のトラブル発生時に十分なサポートを受けられなかったり、担当者と気軽に相談しづらかったりするかも知れません。そのため、本社や営業所といった事業拠点がどのように展開されているのかも要チェックです。

長期的に運営されているコインパーキングの件数(実績)

会社の信頼性を考えるポイントの1つに、長期的に運営されているコインパーキングの有無や件数といった実績も重要です。

なお、実績について問い合わせた際に答えをはぐらかされるような場合は、そもそも信頼できる担当者といえないために慎重な対応を取るようにしてください。

清掃マニュアルが完備・徹底されているか?

コインパーキング経営では、駐車場に捨てられているゴミの回収や雑草の除去といった清掃活動が非常に重要です。ゴミが散らばっていたり汚れや落書きが残されていたりした場合、利用者に不安感や不信感を抱かせてしまいます。

運営管理委託方式を採用する場合、具体的にどのような清掃作業をどの程度の頻度で行ってくれるのか、マニュアルの有無や実効性を確かめておきましょう。

近隣住民と友好関係を保っているか?

コインパーキングを長く安定的に経営していく上で、周辺住民と良好な関係を保てているかどうかも大きなポイントです。

たとえ遠方からの利用者を対象としているコインパーキングであっても、ご近所トラブルが深刻化すれば様々な経営リスクへ発展するため、コインパーキング会社として近隣住民とどのような関係性を構築しているのか確認しておきます。

担当者が交代する頻度

ひんぱんに担当者が交代する場合、きちんとオーナーとしての意思や要望が伝わっているのか不安になるでしょう。

会社としては大きく信用できたとしても、担当者が信頼できる相手でない場合、契約はひとまず保留にしておくことが無難かも知れません。

デメリットやリスクについて説明してくれるか?

コインパーキング経営に限らず、あらゆる不動産投資や土地活用にはメリットだけでなくデメリットやリスクが存在します。

また、事業戦略を具体的に立てていく上でデメリットやリスクは非常に重要なポイントであり、良い点しか語ってくれない担当者や、「絶対に儲かる」といった文言を使ってくる担当者は信用に欠けると判断します。

ニーズに合ったプランを提案してくれるか?

コインパーキング経営には複数のスタイルがあり、オーナーの要望や土地・エリアの特性などによって適性が異なることは珍しくありません。

そのため、しっかりとオーナーの話を聞いた上で、ニーズに寄り添った提案をしてくれるかどうかも大きな判断材料です。

最低契約期間について

一括借上方式であれ運営管理委託方式であれ、最低契約期間について確認しておくことも大切です。

もしも最低契約期間内にコインパーキング契約を解消する場合、違約金の有無や金額、解約の連絡のタイミングといった内容も合わせてチェックしておきましょう。

コインパーキング経営を成功させる
コインパーキング経営を
成功させる

コインパーキング経営会社を
58社徹底調査!

コインパーキング経営で安定した収益を得られる会社はどこ?
安定した収益で機器メンテナンスや運営管理もまるごと任せられる会社を調査しました。

おすすめのコインパーキング経営会社を今すぐ確認