公開日: |最終更新日時:

ここではD-Parkingで知られる大和ハウスパーキングが提案するコインパーキングの特徴や事例について紹介しています。

コインパーキング経営の特徴

大和ハウスグループのコインパーキング事業

大和ハウスグループは「D-Parking(Dパーキング)」というブランド名でコインパーキング事業を展開しています。賃貸住宅や大小商業施設、ホテルなどを含めた土地活用の一つとして提案され、土地の規模によっては他の施設と併設も可能。なおコインパーキング開設の取扱いは主に大和ハウスパーキングと大和リースが行っています。

一括借り上げ方式でオーナーの費用負担なし

コインパーキングの契約は一括借り上げ方式で土地オーナーに対して定額賃料を支払うかたちとなっており、機器・看板設置などの初期費用や保守・メンテナンスにかかる費用負担はありません。建物が建たない変形地・狭小地の活用や月極駐車場の収益改善策として有効で、希望すれば建築予定地の短期契約にも応じてもらえます。

コインパーキング運営に関する特徴

運営リスクなしでスピーディーに始められる

住宅や商業施設建築の実績が豊富な大和ハウスグループのコインパーキングなので施工スピードが早く、収容台数の少ない駐車場なら着工から5日程度でオープンも可能。遊休地などで収益化を急ぎたい場合に向いています。

オープン後の集金や機器のメンテナンス、清掃などの運営・管理は大和ハウス側で行い、駐車場内でトラブルが発生した際にも24時間365日体制のコールセンターが対応。オーナーが運営リスクを負うことはありません。

コインパーキング事例紹介

秋葉原に和風庭園併設のコインパーキング開設

「新しい都市緑化」をテーマとするコインパーキング「D-Parking秋葉原駅前第1」を開設。形態は平面駐車場ですが、外国人の来訪者を意識した設計となっており日本の四季を感じさせる和風庭園を併設しています。また壁面緑化や保水性の高いインターロッキング緑化を施すことでヒートアイランド現象を抑える効果も期待できます。

観光目的で利用可能な立体コインパーキング

横浜中華街や横浜スタジアムへのアクセスが良い「D-Parking秋葉原駅前第1」は収容台数300台の立体コインパーキングです。パーク&ライドで観光目的での利用を考えた駐車場で、ダイワロイネット横浜公園や横浜中央病院と提携。1階には横浜コミュニティサイクル「baybike」のポートも設置しています。

大和ハウスパーキングの会社情報

社名 大和ハウスパーキング株式会社
住所 東京都大田区南蒲田2-16-1 テクノポートカマタセンタービル10F
コインパーキング経営を成功させる
コインパーキング経営を
成功させる

コインパーキング経営会社を
58社徹底調査!

コインパーキング経営で安定した収益を得られる会社はどこ?
安定した収益で機器メンテナンスや運営管理もまるごと任せられる会社を調査しました。

おすすめのコインパーキング経営会社を今すぐ確認