公開日: |最終更新日時:

コインパーキングを経営するにあたって、やはり心配なのが初期費用ではないでしょうか。ここではコインパーキングの経営方法別に、必要な初期費用についてまとめてみました。基礎知識として、ぜひチェックしておいてください。

初期費用は経営方法によって異なる

コインパーキングの経営方法には、土地の所有者みずからが管理運営を行う「自主管理方式」と、土地を専門会社に貸して管理運営を委託する「一括借り上げ方式」があり、この2つの方法によって初期費用が異なります。まず自主管理方式では、コインパーキング経営に必要な機械などを自己負担で購入するのが特徴。一括借り上げの場合はコインパーキングの開設から運営まですべて専門業者に委託できるため、初期費用0円からのスタートも可能です。

自営で必要な初期費用・運用費用

コインパーキングを自営する自己管理方式では、運営に必要な設備一式を自分で購入する必要があります。初期費用としてかかるのは300~500万ほどで、その内訳は以下の通りです。

  • アスファルト舗装もしくはコンクリート舗装:1m2あたり4,000~5,000円
  • フラップ板(ロック板):1台あたり約100,000円
  • 精算機:1台あたり400,000~500,000円
  • 看板:約100,000円
  • 照明:約150,000円
  • 防犯カメラ:1台あたり約60,000円

さらに、自営の場合は毎月の運営に必要な維持費がかかります。具体的には、電気代・警備会社の対応費・お釣り用の小銭・レシートなど。また、駐車場内の清掃や定期巡回、トラブル対応についてもすべて自分で行う必要があります。

専門業者で必要な初期費用・運用費用

コインパーキング経営の専門業者に土地を貸し出す「一括借り上げ」の場合、その多くが初期費用・運用費ともに不要となるケースが多くなっています。つまり、土地所有者は1円も負担することなく、コインパーキング経営を始められるということです。また、運営にかかる維持費もほとんどかかりません。清掃・定期巡回・場内トラブルやクレーム対応についてもすべて専門業者が行ってくれるため、一切手間がかからないのが魅力です。

費用を掛けたくないなら専門業者がおすすめ

自主管理方式の場合、初期費用はかかりますが、売上はすべてオーナーのものになるのがメリット。経営状況が良ければ、事業規模をどんどん拡大することもできます。一括借り上げの場合、自主管理方式よりも収入は少ないかもしれませんが、毎月一定の収入を得られるのがメリット。しかも初期費用もランニングコストもかかりませんし、土地さえあれば誰でもコインパーキング経営をスタートできるのです。土地を有効活用し、費用をかけずに不労所得を得るなら、専門業者に委託する方法をおすすめします。

コインパーキングの自営と業務委託どっちがいい?
メリットデメリットを詳しく見る

コインパーキング経営を成功させる
コインパーキング経営を
成功させる

コインパーキング経営会社を
58社徹底調査!

コインパーキング経営で安定した収益を得られる会社はどこ?
安定した収益で機器メンテナンスや運営管理もまるごと任せられる会社を調査しました。

おすすめのコインパーキング経営会社を今すぐ確認