公開日:|最終更新日時:

このカテゴリでは、コインパーキング経営を始めようと考えた際によくある疑問・不安について解説しています。どれも事前に知っておきたい基礎知識となっていますので、ぜひチェックしておいてください。

土地なしでも可能?

コインパーキング経営を始めるには、土地が必要です。もし土地を持っていない場合は、「土地を借りる」「土地を購入する」という2つの方法から、1つを選ぶことになるでしょう。しかし、土地を借りる場合は賃貸料がかかりますし、土地を購入する場合は手付金や仲介手数料といった自己資金が必要となります。このような環境でも、コインパーキング経営は可能なのでしょうか?2つの方法のメリット・デメリットから考察してみました。

土地なしでもコインパーキング経営できるのかを確認

初期費用はかかる?

コインパーキング経営を始めるにあたって、やはり気になるのが初期費用。実は、コインパーキング経営にまつわる初期費用は、「自主管理方式」と「一括借り上げ方式」で異なります。自主管理方式とは、土地オーナーが自分で設備等を購入・レンタルして運営するいわゆる自営スタイル。一括借り上げ方式とは、コインパーキング経営会社が土地を借り上げ、オーナーに一定の賃料を支払うスタイルです。この2つのスタイルでどのように初期費用が異なるのか、チェックしてみましょう。

コインパーキング経営の初期費用について確認

かかる税金は?

所有する土地には、税金がかかるのが一般的です。もちろんコインパーキングにも税金がかかり、その種類は「固定資産税・都市計画税」「償却資産税」「消費税」「所得税」の4つ。基本的に税の負担は土地オーナーとなりますが、どれくらいの費用が必要になるのでしょうか?また、コインパーキングとして運用している土地に、税の優遇措置は適用されるのでしょうか?具体例を挙げて解説していますので、参考にしてみてください。

コインパーキング経営の税金対策について確認

儲かる?儲からない?

駐車場経営には、大きく分けて「月極駐車場経営」と「コインパーキング経営」があります。月極駐車場経営は、1ヵ月単位で利用者と契約し、駐車場を貸し出すスタイル。コインパーキングは、30分・1時間といった短い単位で駐車場を貸し出すスタイルです。ここで気になるのは、どちらの方が儲かるかといった部分。メリットとデメリットを踏まえて、おすすめの方法をご紹介します。

コインパーキング経営が儲かるのか儲からないのか確認

一括借り上げの相場は?

コインパーキングの一括借り上げとは、経営会社にオーナーが土地を貸し出し、その賃料を受け取るという経営スタイル。賃料については、事前に取り決めた額が毎月安定して支払われるのですが、その料金はどのようにして決まるのでしょうか。実は、一括借り上げの相場は、コインパーキングの需要と供給によって決まるのです。その理由についてまとめてみましたので、基礎知識としてぜひご覧ください。

コインパーキング経営の一括借り上げの相場を確認

コインパーキング経営のリスクとは?

コインパーキング経営には、需要低下による賃料収入低下や競合との価格競争、災害や事故、車上荒らしなどによる損害など、さまざまなリスクが含まれています。特に事故や災害の場合、自身が受ける損害の他、責任追及リスクも。これからコインパーキング経営を始める際は、それぞれのリスクを理解し、対策を立てながら準備を進めましょう。

経営のリスクに対応できない場合、運営管理を委託できるコインパーキング運営会社へ相談する方法もあります。コインパーキング運営会社で対応している一括借り上げ方式であれば、広告宣伝から集金、メンテナンスなど運営管理全般を委託することが可能です。

コインパーキング経営のリスクを確認

コインパーキング経営のランニングコストはどのくらい?

コインパーキング経営は、個人で経営を行う方法と一括借り上げ方式に分けられます。自分の土地、もしくは他者から借りた土地を活用する場合、ロック板や精算機などの設備メンテナンスや集金費、電気代などといった費用を負担する必要が生じ、一般的には10台程度の駐車スペースで、ランニングコストは月数万円に。

一括借り上げ方式は、コインパーキング運営会社側でランニングコストを負担するため、ランニングコストは0円で済みます。ただし、賃料は契約によって定められた金額となるため、収益性の高さという点ではデメリットも。双方のランニングコストを比較し、ご自身にあった経営方法を選択しましょう。

コインパーキング経営の
ランニングコストを確認

コインパーキング経営に
必要な工事や設備は?

コインパーキングを始めたいと思ったら、まずは駐車場になりうる土地を用意します。一般的には整地・舗装・ライン引き・側壁、外構工事などの工事だけでなく、看板・照明・駐車場機器・通信機器などの設備も導入する必要があります。とくに看板は駐車場運営にも重要なアイテムで、利用者とのトラブルを避ける上でも大切です。土地の広さや駐車台数、形態などによっても異なりますが、工事期間はおおよそ1週間になるケースが一般的です。

コインパーキングの工事について確認

コインパーキング経営の始め方は?

コインパーキング経営を始める場合、まず土地の調査を行うことが重要です。土地次第でコインパーキングの運営が円滑に進むかどうかは左右されますが、まずは利用者の立場になって、駐車しやすいか、利用しやすいかどうかをチェックしてください。また駅や商業施設などがあるかどうかも確認するポイント。

不安な点があれば、コインパーキングの運営会社に相談するのも一つの手。これまでのノウハウを生かしたアドバイスも貰えるでしょう。相談しやすく、自分自身にピッタリの運営会社を見つけてください。

コインパーキング経営の始め方について確認

コインパーキングの
料金滞納対策は?

コインパーキングの料金滞納は単に料金の支払いが滞るだけでなく、悪質なものだと駐車機器の破壊を伴うケースまであります。トラブルになるだけでなく収益も減り、安定した運営にも影響を及ぼすため、適切な対策を用意しておきましょう。

対策として、料金体系をシンプルにする、前払い制にする、防犯カメラを設置するといったものが有効です。さらにコインパーキングの運営を行う会社に依頼すれば、労力・精神面の負担双方を軽減できる場合も。これまでのノウハウから、コインパーキング経営にプラスのアドバイスをもらえるでしょう。

料金滞納対策について確認

土地を借りて
駐車場経営を行うには?

土地を所有していない場合、土地を購入するか借りるかのどちらかの選択肢がありますが、ここでは土地を借りての駐車場経営を紹介。借りた土地であればローンを組む必要もなく、低リスクでコインパーキング運営ができるでしょう。毎月賃貸料金を支払わなければならないなどのデメリットもあるので、メリット・デメリットを把握し、どちらの方法がより適しているか判断してください。

土地を借りて駐車場経営を行う方法について確認

コインパーキングに向いている土地は?

コインパーキングに向いている土地のポイントは「交通量が多く人が集まり駐車場が必要」「ドライバーが見つけやすい」「駐車しやすい」「競合が少ない」などです。

需要がない場所に土地があってもコインパークを作っても収益にはつながりません。

巨大商業施設や病院や駅前など、自動車を利用する人が駐車場を求める場所の土地がコインパーキングに適しています。

ドライバーから見つけやすい道路沿いで、道幅もある程度広いなら初心者でも駐車しやすいでしょう。

競合が少ないのも向いている土地の条件に入ります。

土地を借りて駐車場経営を行う方法について確認

コインパーキング経営の確定申告は?

コインパーキングも確定申告が必要です。所得税を確定するために行い税務署へ提出します。確定申告が必要な収益があるのに無視すると、ペナルティを含めた大きな金額を課税されかねません。

所得はコインパーキングで得た収入そのままではないため注意が必要です。収入-経費が所得です。さらに(所得-控除)×税率で出た金額で課税される所得税が決まります。

副業だとコインパーキングで得た所得が20万円以上なら確定申告が必要です。

土地を借りて駐車場経営を行う方法について確認

コインパーキングは自営と業務委託のどちらがいい?

コインパーキングは自営と業者に委託する方法があります。自営は設備の購入から設置、管理と運営までコインパーキング経営全般を自力でしなければなりません。

一方の業務委託なら、契約内容によるサービスを受けられます。代表的なのは、土地一括借上げ方式による賃料収入。他にも賃料以外に共同運営として、売上収入から一定割合を得られる方式などさまざまです。

自営・業務委託のそれぞれにメリットとデメリットがあります。利益か確実な収入か手間や負担を減らしたいのか優先させたい事柄を見極めて慎重に決定しましょう。

土地を借りて駐車場経営を行う方法について確認

コインパーキングを傾斜地に作れる?

コインパーキングを傾斜地に作ることはできますが、造成工事が必要です。傾斜地は、長年放置されていた土地である場合が多く、地盤が弱っています。造成工事をしないと、大雨や台風で土砂崩れが起きかねません申。請許可が必要です。

傾斜地でのコインパーキング経営について確認

コインパーキングは水勾配が必要?

コインパーキングには、2%程度の水勾配が必須。水勾配がないと水たまりの多くなり、利用しづらい環境になります。自動車のマフラーに水が入れば故障につながることも。また、湿気によりシロアリが発生し、近隣住民へ迷惑をかけかねません。水勾配の必要性しっかり把握しておきましょう。

コインパーキングの水勾配について確認

バイクのコインパーキングは儲かる?

バイクのコインパーキングは、付近の需要によっては高収益が期待できる土地活用法です。法改正で、駐車場以外でのバイク駐車は反則金を取られるようになりました。バイクコインパーキングの需要は高まっています。狭小地や変形地でも設置しやすいのがバイクコインパーキングのメリットです。バイカーの安心と信頼にきちんと配慮した駐車場を目指しましょう。

バイクコインパーキング経営のポイントを確認

コインパーキングの精算機の選び方は?

コインパーキング経営では、精算機選びも重要です。ロック式、ゲート式、前払式などがあります。コインパーキングの規模やランニングコスト、利用者がリピーターになるかどうかに影響する要素です。メリットとデメリットを理解しておきましょう。

コインパーキングの精算機の選び方を確認

建設予定地でコインパーキング経営してもいい?

何かしらの建物を建てる建設予定地で、コインパーキング経営をするのは有効です。マンションやアパート経営では、資金面や手続きの面で時間がかかります。実際の着工まで時間がかかりそうなら、コインパーキングにすれば、短期間だとしても収益を得られるのです。

建設予定地でコインパーキング経営
してもいいかを確認

コインパーキング経営に市場調査は必要?

コインパーキング経営の成功は、市場調査が鍵といっても過言ではありません。利用者がいるかどうか、料金は相場より高額過ぎないか、競合の数や、駐車しやすい場所かどうかは、徹底した市場調査をしないとわからないものです。

コインパーキング経営における
市場調査の重要性を確認

店舗駐車場にコインパーキングは導入するべき?

近年、駐車場にコインパーキングを導入する店舗が増えてきています。店舗利用者向けに開放していた駐車場をコインパーキングにすることで、回転率や迷惑駐車対策、売上アップなど、生れるメリットがいくつかあります。

店舗駐車場にコインパーキングは導入するべきかについて確認

コインパーキング経営に自動販売機は設置するべき?

コインパーキングに必ずと言っていいほど設置してあるのが自動販売機。自動販売機を設置した場合と設置しない場合では、利用者の利便性が変わってきます。コインパーキングを利用するか決める判断基準ともなる利便性を上げるために自動販売機を設置するのが望ましいいと言えます。

コインパーキング経営に自動販売機は設置するべきかについて確認

イベント会場近くのコインパーキング経営はいい?

イベント会場近くでのコインパキング経営は、場合によっては利益を出しにくいと判断されることもあります。どんな立地ならイベント会場近くでもコインパーキングに向いているのか、他に土地を有効活用する方法があるか確認しましょう。

イベント会場近くのコインパーキング経営について確認

コインパーキング経営相見積もりのチェックポイントは?

コインパーキング経営を考えた時、まず最初にどこの運営会社を選ぶのかを考えます。相見積もりはたくさんの会社から取って、希望の条件と合うか、料金やシステムなどを必ず比較して確認しましょう。

コインパーキング経営の相見積もりのチェックポイントを確認

コインパーキング経営に必須な看板は?

コインパーキング経営に必要なのが看板の設置。売上を上げる、集客の為に必要なP看板や料金看板はもちろん、その他必要な看板について、種類や看板設置のポイントについて確認しましょう。

コインパーキング経営に必須な看板について確認

コインパーキングのデッドスペースを有効活用するには?

コインパーキングに生じるデッドスペースは、様々な方法により有効に土地活用することができます。活用事例が豊富な自動販売機の設置をはじめ、コインロッカー、証明写真機、バイクの月極駐車場を設置する方法も有効です。

コインパーキングのデッドスペース活用方法を確認

コインパーキングの適切な料金設定とは?

コインパーキングにおける料金設定は、売上や経営を左右する重要なファクターです。場所・時間・相場・利用傾向など種々の要因を総合的に考慮のうえ、適切な料金を設定する必要があります。売上アップを狙うための料金設定のポイントは、「最大料金は安めに」「時間単位は長めに」「単位料金は高めに」です。

コインパーキングの適切な料金設定を確認

コインパーキング経営の撤退時にやるべきこと

コインパーキング経営から撤退するときは、運営会社に解約通知を送り、設備機器や看板を撤去し、アスファルト・コンクリート等の舗装工事を行います。明け渡し期間は2週間以内が一般的ですが、それよりもっと早く明け渡しが可能な状態になる場合もおおいため、期間を短くするための契約交渉が必要になる場合も。かかる内容を詳しく解説していますので、参考にしてください。

コインパーキング経営の撤退時にやるべきことについて確認

エレベーター式のコインパーキング

エレベーター式のコインパーキング経営はメリットが豊富です。空間を広く効率よく使えるため、利用効率が向上するほか、直射日光や雨風などから車を保護し、盗難やイタズラに対する防犯性も高まります。エレベーター式コインパーキングの特徴と利点を解説していますので、参考にしてみてください。

エレベーター式のコインパーキングについて確認

コインパーキング経営のクレーム・苦情と対応策

「機械が壊れた!」「駐車券をなくした!」「料金表示がわかりにくい」など、コインパーキング経営では、利用者からも近隣住民からも、様々なクレームや苦情が寄せられます。オーナー自身で対応できる場合も少なくありませんが、自分で解決するのが難しい場合は、ノウハウのある管理会社に経営を委託するのも一つの方法です。どのようなクレームがあるのか、どのように対応できるのか、ポイントを解説しています。

コインパーキング経営のクレーム・苦情と対応策について確認

コインパーキング経営で赤字が出るケースと対策

コインパーキング経営で赤字が出てしまうケースは様々です。近隣に競合ができたとき、初期投資が高すぎたとき、需要調査が不足していたときなど、外部要因や計画の失敗、調査不足などで赤字が出てしまいます。赤字対策としては、適正な価格の設定、需要調査の徹底、コインパーキング経営を管理会社に一任する方法も有効です。要点をまとめましたので、チェックしてみてください。

コインパーキング経営で赤字が出るケースと対策について確認

コインパーキング経営とアパート経営どっちがいい?

コインパーキングを経営するなら、メリットだけでなくデメリットもよく理解した上で始めましょう。土地活用でもよく比較されるアパート経営のメリット・デメリットも見ていきながら、どの土地活用が向いているのかよく検討してみてください。

コインパーキング経営とアパート経営どっちがいい?について確認

コインパーキング経営、保険加入は必要?

コインパーキングを経営するなら、検討したいのが保険。思わぬ事故やトラブルが発生した際、保険に加入しておけば、万が一の場合にも補償金が出たりします。どの保険に入っておけば良いのか、保険の内容をよく理解した上で加入しましょう。

コインパーキング経営、保険加入は必要?について確認

月極駐車場からコインパーキングに変える方法

月極駐車場コインパーキングに経営スタイルを変更する場合、すべてを作り変えるか、一部のみ作り変えるか選択する必要があります。どちらを選ぶかによって収入も変わってくるので、適切な選択方法を知っておくのが大切です。ここでは月極駐車場からコインパーキングにする際のポイントを解説します。

月極駐車場からコインパーキングに変える方法について確認

コインパーキング経営でキャッシュレス決済を導入するには?

コインパーキング経営をキャッシュレス化する動きが年々増えており、キャッシュレス化することは他のコインパーキングと差別化する鍵でもあります。利用者からの需要も高いキャッシュレス化ですが、導入するときにはメリットとデメリットの両方の側面があります。ここではコインパーキング経営のキャッシュレス化について詳しく紹介します。

コインパーキング経営のキャッシュレス決済導入について確認

コインパーキングの国内における歴史

国内においてコインパーキングが誕生した歴史には、自動車が普及したことや事故の増加など、さまざまな背景が影響しています。ここではコインパーキングが誕生するに至った経緯や歴史、コインパーキングの種類などについて解説します。

コインパーキングの国内における歴史について確認

コインパーキングのゴミ・清掃はどうする?

コインパーキング経営で成功するためには、ゴミ・清掃をしっかり行うことがマストなポイントになります。ゴミ対策を怠ると、利用者に敬遠されてしまい、収益性も悪くなります。ここでは、コインパーキングにおけるゴミ清掃の重要性と対策についてまとめました。

コインパーキングのゴミ・清掃について確認

悪徳コインパーキング会社を見極めるポイント

コインパーキングの管理を専門会社に委託することを検討している場合、悪徳業者に気を付ける必要があります。悪徳業者と契約してしまうと、利用者減少につながる可能性があるからです。ここでは、悪徳コインパーキング会社を見極めるポイントをまとめましたので、参考にしてください。

コインパーキング経営の悪徳業者を
見極めるポイントについて確認

コインパーキング経営の電気代はどれぐらい?

コインパーキング経営では電気代には注意が必要です。電気代の多くを占めるのがサーチライトで、収容台数10台規模のパーキングにつき、300wのサーチライト1灯が目安です。その他精算機やロック板も機能させるには電気が必要です。サーチライトはLEDや調光機能付きにするなどの対策が求められます。

コインパーキング経営にかかる
電気代について確認

自転車のコインパーキング経営で利益は出せる?

自転車のコインパーキング経営も条件次第で利益は出ます。狭小地や変形地、月極の空いた小さなスペースを埋められるという点がメリットです。ただし、薄利多売ですから、勝ち目のあるエリアや周辺環境でなければ利益が出ないリスクもあります。

自転車のコインパーキング経営について確認

コインパーキング経営に中古機材は使える?

コインパーキング経営では中古機材を使うと初期コストを抑えられるのがメリットです。ただし、精算機やロック板の内部は劣化するため、メンテナンス費用がかさむことや、故障率が新品より高いというリスクがあります。

コインパーキング経営で中古機材を
使用する場合について確認

コインパーキング経営は住宅街でも利益を出せる?

コインパーキング経営は住宅街でも大丈夫です。ただし需要があるかどうか熟慮しなければなりません。建築関係や營業車や駐車スペースがない家の住民などが利用する可能性はあります。近辺にコインパーキングがないなら利益が期待できます。

住宅街でのコインパーキング経営について確認

田舎でもコインパーキング経営は成功する?

田舎でもコインパーキング経営が成功する可能性はあります。観光地や倉庫や工場が近くにあるなら需要が見込めるからです。ただし、農地法や市街化調整区域を確認し、必要なら届出をしないと自由にコインパーキングにはできません。

田舎でのコインパーキング経営について確認

コインパーキング経営を成功させる
コインパーキング経営を
成功させる

コインパーキング経営会社を
58社徹底調査!

コインパーキング経営で安定した収益を得られる会社はどこ?
安定した収益で機器メンテナンスや運営管理もまるごと任せられる会社を調査しました。

おすすめのコインパーキング経営会社を今すぐ確認