公開日: |最終更新日時:

コインパーキング経営で赤字を出さないためにはどうすればいいのでしょうか。また、どのようにすれば収益を安定させることができるでしょうか。ここでは、コインパーキング経営で赤字が出る典型的なパターンと対策についてまとめました。

 

コインパーキング経営で赤字が出るケース

コインパーキング経営で赤字が出るのは以下のようなケースです。

近隣に競合のコインパーキングができた

経営が赤字になる典型例の一つは、近隣に競合のコインパーキングができることです。同じエリアにライバルができると、利用者の奪い合になるのはもちろん、否応なく価格競争を強いられ、それにも敗れると売り上げが下がり、収益が減って赤字になります。特に競合が大手の場合は、価格競争で勝つことは難しいので、料金以外に差別化できるものがなければ赤字に陥るのは必至です。

初期投資が高すぎて回収できない

駐車場機器や料金看板など、初期投資が高すぎて赤字になるというケースもあります。コインパーキング経営を始める際、初期費用がかかるのは当然ですが、駐車場の収容台数や稼働率に見合わない投資をしてしまうと、投資金を回収するまでの期間が長くなってしまい、その結果赤字を出してしまうというパターンです。赤字を出さないためには、収容可能台数と稼働率に見合った初期投資を行う必要があります。

立地や需要のリサーチ不足

コインパーキング経営は、集客を安定させることで利益を出すことができます。ところが、開業前の立地条件や需要調査を十分に行わず、需要の少ないエリアに開業してしまうと、集客も稼働率も上がらず、赤字が出てしまいます。コインパーキング経営で赤字を出さないためには、開業前に徹底したリサーチを行うことが大切です。

一括借り上げ方式の収入が低すぎた

コインパーキング経営を管理会社に委託して、土地オーナーは毎月定額の賃料を得る「一括借り上げ方式」の場合も注意が必要です。一括借り上げ方式では、初期費用やランニングコストもかからず収入も安定しますが、収入額(賃料)が低すぎると、税金や手数料など支出に対して収入が下回り赤字になる可能性があります。とりわけコインパーキング経営の一括借り上げにおける手数料は高めに設定されているので、要注意です。

コインパーキング経営の赤字対策とは

 

価格設定を工夫する

赤字を出さないための対策の一つは、実情に合った適正な価格を設定することです。

例えば、それまで好調だったコインパーキング経営が急に悪化して売り上げが下がってきたら、近隣に料金の安い競合ができた可能性があります。その場合は、価格相場をリサーチしたうえで、価格設定の見直しを行う必要があります。

もっとも、単に競合より料金を安くすればいいというわけではありません。料金を下げすぎると収益がさらに悪化して赤字幅が拡大してしまう可能性もあるからです。ストレートに料金を下げるだけでなく、まずは「1時間300円」の料金表示を「30分150円」と表記を変えることにより、値下げしなくてもお得感が出たように工夫する方法もあります。

開業前に徹底した需要調査を行う

開業前の赤字対策としては、参入エリアのコインパーキングの利用状況や需要調査を徹底して行うことも大切です。いくら広い土地を持っていても、その地域に需要がなければ収益を上げることはできません。

近隣に駐車場は多いか?レンタカー利用率は高いか?周辺施設や駅からの利用者は見込めるか?など、当該エリアのコインパーキングの需要について開業前にしっかり調べておきましょう。十分に需要のある場所に開業することで、赤字を避け経営と収益を安定化することができます。

コインパーキング経営を管理会社に一任する

自己経営方式で思うように売り上げが伸びず、赤字が出そうな場合は、コインパーキング経営を管理会社に委託するのも一つの手です。管理会社に経営を委託すれば、駐車場の運営・管理にかかる費用と手間を自分で負担する必要がなくなり、その一方で毎月定額の賃料を得ることができるため、収入を安定させることができます。需要の少ない土地で開業してしまった場合は、管理会社に委託できるかどうか検討してみましょう。

管理・経営をお任せできる
全国のコインパーキング経営会社一覧

コインパーキング経営を成功させる
コインパーキング経営を
成功させる

コインパーキング経営会社を
58社徹底調査!

コインパーキング経営で安定した収益を得られる会社はどこ?
安定した収益で機器メンテナンスや運営管理もまるごと任せられる会社を調査しました。

おすすめのコインパーキング経営会社を今すぐ確認