公開日: |最終更新日時:

コインパーキング経営を成功させるための課題の一つはクレームへの対応です。コインパーキング経営のクレームにはどのようなものがあるのでしょうか?またどのように対応できるでしょうか?分かりやすく紹介していきますので、参考にしてみてください。

 

【利用者から】コインパーキング経営でよくあるクレーム・苦情

 

操作ミスによる返金

車室番号を間違えて精算してしまったので、その分を返金してもらいたい、というクレームがあります。

対応

コインパーキングは無人で運営されています。そのため、利用者側の過失であるといえる車室番号の確認ミスや勘違いによる精算機の誤操作に関しては、返金などの対応はしていない会社が多いようです。

操作ミスによる硬貨詰まり・用紙詰まり

精算機に、硬貨を無理に押し込んだり強引に連続投入したりすると、硬貨詰まりが起こりやすくなります。その場合、精算機が異常を検知することで釣銭を出すなどの機能がストップしてしまう可能性があります。

対応

利用者が看板に記載されているコールセンターに連絡を入れてくることがあります。その場合には、入庫時間および出庫時間を遠隔システムで確かめた上で、利用者の氏名や住所を聞いて小為替証書発送などの方法で返金するなどの対応をしているところもあります。

駐車券の紛失

駐車券を失くしてしまった、という問い合わせを受けることもあります。

対応

ゲート駐車場では、各利用者の入庫時間を特定するのは容易ではありません。しかも、駐車券の紛失は、運営側ではなく利用者側のミスであるため、利用者には一旦紛失ボタンを押してもらい、紛失時の料金を支払ってもらうのが妥当であるといえるでしょう。あとから駐車券が出てきたときには、利用料を差し引いた差額分を返金する、という対応をとるのがよいでしょう。

出庫ができない

利用者が運転している車種によっては、フラップ板と車体側面が引っかかってしまうというトラブルが発生する場合があります。

対応

同乗者が乗車することで車体が沈んでしまう場合であれば、同乗者に一旦車から降りてもらえば、問題は解決します。けれども、もともとの車高が低すぎることが原因になっている場合には、警備担当のスタッフが現場まで足を運び、ジャッキアップして引っかかりを解消するなどの対応が、一般的だといえるでしょう。

事故が起きた

コインパーキング内では、車同士あるいは車と人が接触する事故や、あるいはフェンスや設備などに車がぶつかってしまう事故などが起こる可能性もあります。

対応

なんといっても、駐車場のレイアウトを、事故が起こりにくくなるように工夫することが大切です。利用者目線に立ち、車を停めやすいレイアウトになっているかどうかを確認していくようにしましょう。実際に利用者として利用してみると、問題点が浮き彫りになりやすいので、ぜひ試してみてください。

コインパーキングの利用者からの苦情・クレーム対応のまとめ

コインパーキングの利用者から寄せられるクレームで多いのは、「料金を払ったのにロック板が上がらない」、「車を傷つけられた」、「駐車券をなくしてしまった!」、「料金表示が分かりにくい」といったものです。機器の故障に関するものから、場内事故・車へのイタズラ、駐車券の紛失、料金表示など様々な種類のクレームがあります。

機器の故障トラブルに対しては、直ちに機器のメンテナンスを行い復旧に対応する必要があります。場内事故・車へのイタズラに対しては、警察への通報や防犯カメラの設置といった対応が必要です。駐車券の紛失に関しては、駐車記録の確認を行います。料金表示のクレームに対しては、料金表示の看板を変更して料金を見やすくしましょう。

【近隣住民から】コインパーキング経営でよくあるクレーム・苦情

看板や照明が明るすぎる

コインパーキング経営において、サービス内容が記載されている看板は、欠かすことのできない商売道具だといえます。コインパーキングの存在を知らせるための役割を果たしてくれる、大切なアイテムでもあります。けれども、この看板が大きすぎたり設置されている照明が明るすぎたりすると、近隣から苦情が入る場合があります。

対応

確かに、あまりに明るい看板は、その地域の景観を損ねてしまうこともあるでしょう。特に、近隣が住宅街になっている場合には、できるだけ照明をひかえるなどして、配慮することが求められます。

排気ガスが多い・匂う

排気ガスに関するトラブルもあります。コインパーキングは、そのサービスの性質上、ひんぱんに車の出入りがあります。そしてもちろん、排気ガスも毎回発生します。その結果、近隣が住宅街になっている場合は、すまいの敷地内に排気ガスが入ってしまいます。匂いの問題も無視できないでしょう。

対応

コインパーキングの敷地内に、できるだけ目立つように看板を設置し、前向き駐車を促したりアイドリング禁止を伝えたりすることが大切です。また、フェンスにも、空気を通さない素材のものを採用するなどの工夫をするとよいでしょう。

エンジン音や、車のドアの開け閉めがうるさい

騒音に関するトラブルも少なくありません。中でも、繁華街などにあるコインパーキングだと、夜間の時間帯での利用が多くなる傾向があるので、近隣トラブルの原因になりやすいのです。

対応

看板を設置し、コインパーキングの敷地内では大きな声で会話したりアイドリングしたりするのを禁止する、といった旨を伝える対応方法があります。また、防犯カメラの設置台数を増加するなどして、監視体制の強化をはかることも、検討してみてください。

治安が悪い

コインパーキングは無人運営なので、どうしても治安が悪くなりがちです。

対応

夜間は、できるだけコインパーキングの敷地内を明るくしたり防犯カメラを作動させたりして、不審者などのたまり場になってしまわないように、環境を整えることが大切です。

ゴミがたまっている

コインパーキングの敷地内に、勝手にゴミが捨てられてしまうことがあります。ペットボトルや空き缶などの一般ごみだけでなく、家具などの粗大ごみを不法投棄されてしまったことがあるコインパーキングの事例もあるようです。たまったゴミは、入庫を物理的に妨げることになるだけでなく、美観的にも大きなマイナス要素となります。そうなると、利用者の減少にもつながりかねません。

対応

ゴミの不法投棄になどに対する警告の張り紙や看板を設置し、清掃に力を入れた上で、巡回を定期的におこなうようにするとよいでしょう。さらに、防犯カメラを設置したり照明で敷地内を明るくしたりするなどの工夫をするのもおすすめです。

コインパーキングの近隣住民からの苦情・クレーム対応のまとめ

コインパーキングの近隣住民から寄せられるクレームで多いのは、「駐車場の看板の照明が眩しい」、「車の排気ガスが臭い」、「エンジン音がうるさい」、「ドアを閉める音が響く」などです。

看板の照明に関しては、派手な色を避け、周囲の景観にマッチする照明にすることで対応できます。排気ガスの臭いに関するクレーム対しては、駐車場の周りにフェンスを立てる方法が有効です。

エンジン音やドアを閉める音に対しては、「騒音注意」の掲示板を設置のうえ、近隣への挨拶を同時に行うことで対応できるでしょう。

自分でクレーム・苦情に対応するのが難しい場合はどうする?

コインパーキング経営を始めるに際して、クレームや苦情に自分で対応できないと思う場合は、「一括借り上げシステム」を利用して、駐車場の経営と運営を管理会社に委託することをおすすめします。

一括借り上げシステムは、運営会社がオーナーの土地を一括して借り上げ、オーナーの代わりに駐車場を運営管理する方式です。オーナーの収入は毎月定額の賃料のみとなりますが、管理会社に駐車場運営を一任することができるため、クレームや苦情に対して自分で対応する必要がなくなります。

管理・経営をお任せできる
全国のコインパーキング経営会社一覧

コインパーキング経営を管理会社に任せるとクレーム・苦情対応も安心

コインパーキング経営を管理会社に一任する方法は、クレーム・苦情の問題を適切に解決する方法のひとつです。土地オーナー自身による対応が不要になることもありますが、管理会社に任せれば、実績とノウハウを活かした適切な対応ができるからです。

個人経営の場合、クレーム対応に失敗して余計に問題をこじらせるケースもありますが、ノウハウを持つ管理会社ならそうしたリスクを減らせます。また、日ごろからクレーム・苦情を想定した適切な駐車場経営ができるため、クレーム・苦情の発生自体を抑えることも可能です。

コインパーキング経営を成功させる
コインパーキング経営を
成功させる

コインパーキング経営会社を
58社徹底調査!

コインパーキング経営で安定した収益を得られる会社はどこ?
安定した収益で機器メンテナンスや運営管理もまるごと任せられる会社を調査しました。

おすすめのコインパーキング経営会社を今すぐ確認