公開日: |最終更新日時:

土地一括借上方式とは違い設備一式を用意してサポートしてくれる運営代行パークエンジニア。その特徴や利用事例をご紹介します。

コインパーキング経営の特徴

駐車場機器メーカーによるコインパーキング運営代行

パークエンジニアは、駐車場機器の開発や製造や販売をしているメーカーです。土地の一括借上方式は採用しておらず、設備一式の提供を通じた運営代行を提供します。コインパーキングの成功は立地条件に左右されますが、パークエンジニアでは住宅地や狭小地でも提案できるのが強みです。

機器メーカーだからこそできるコインパーキング機器の用意、設置、管理もパークエンジニアの魅力。低コストによるコインパーキング経営をスタートできます。

オーナーには運営代行費の支払いは発生するものの、賃料と売上は収益として受け取り可能。稼働率が高い場所なら成功が期待できそうです。

自社特許取得済みの設備機器を提供

パークエンジニアはフロントロック・センターロック・スペースロックと3タイプの駐車設備機器を用意。オーナーの状況に合わせて必要製品を提案してくれます。不正使用を防止するためのカメラ監視システムや精算機まで、全般自社対応なので準備がスムーズなのもポイントです。

パークエンジニアはレンタルサービスを提案しており、工事代+1車室負担で気軽にコインパーキング経営をはじめられます。

コインパーキング運営に関する特徴

売上の見える運営と賃料保証で安心

コインパーキング運営で求められるのは売り上げの透明性です。透明性が確保されていれば、正確な売上をきちんと把握できて安心感が得られます。パークエンジニアが売上を開示するのは、「適正な利潤」だけを追求しているから。土地を貸して賃料を得るコインパーキング経営とは異なるスタイルを目指しています。

パークエンジニアを利用する場合、運営代行費はかかりますが、発生した売上はすべてオーナーのもの。賃料の保障があり、「すでに他社のコインパーキング運営会社に貸している状態」からでも収入アップが見込めます。集金業務は別途費用が必要。とはいえ、クレーム対応や緊急出動やメンテナンスはすべて任せられるのも魅力と言えます。

コインパーキング事例紹介

3台の小規模スペースでもOK

東京の都市部では余裕のある土地スペースの確保ができない場合もありますが、パークエンジニアなら大丈夫です。実際に手掛けた事例では、3台駐車できるスペースでもコインパーキング運営を可能にしています。運営代行費55,000円(税込)、月間売上は450,000円~550,000円(税込)です。

病院が抱える駐車場不足の悩みを解消

三重県伊勢市のコインパーキングです。38台の中規模スペースにも対応。運営代行費231,000円で、月間売上は680,000円~800,000円です。

株式会社パークエンジニアの会社情報

社名 株式会社パークエンジニア
住所 【大阪工場(本社)】大阪市大正区北村1丁目16-22
【東京営業所】東京都港区芝3丁目29-14
【名古屋営業所】名古屋市中川区中島新町4-1401
コインパーキング経営を成功させる
コインパーキング経営を
成功させる

コインパーキング経営会社を
58社徹底調査!

コインパーキング経営で安定した収益を得られる会社はどこ?
安定した収益で機器メンテナンスや運営管理もまるごと任せられる会社を調査しました。

おすすめのコインパーキング経営会社を今すぐ確認