公開日: |最終更新日時:

空車問題を想定できずコインパーキング経営に失敗する事例は意外と多いです。シミュレーションや稼働率を求める際は、駐車場の満車状態が続かないことを踏まえておかなくてはなりません。以下では、空車を想定していなかった事例や対策方法、稼働率の求め方などについて解説します。

空車を想定していなかった事例とその原因

満車状態・稼働率100%でシミュレーションして赤字になった

ずっと満車状態が継続できる前提でシミュレーションするのは危険です。空車が出ると思っていたように収益を得られず、経営が赤字になってしまいます。主な要因は時間帯や曜日ごとに着目せず、空車率を踏まえていないことにあります。駐車場は常に満車なわけではありません。立地の条件や料金などによって稼働率は変わってくるでしょう。

そのため、稼働率を甘めに考えるのではなく、空車が多い時でも対応できるよう駐車場の種類ごとに稼働率をシミュレーションするのが大切です。一般的に、稼働率は40%~50%が理想的とされています。なお、稼働率は高ければ良いというものではなく、高すぎると混雑していると認識され、客離れに繋がります。適度な稼働率を保つことを心がけるのがポイントです。

対策方法

収益確保できる損益分岐点を把握する

満車状態が続かないことを念頭に、曜日や時間帯ごとの空車率を加味してシミュレーションしましょう。経費の出費がかさまないようにするためには、収益をきちんと確保できる損益分岐点を知ることが大切です。駐車場の運営を開始する前に、準備段階で価格や稼働率をシミュレーションしておくのが成功の鍵となります。

また、事業計画を立てる際も、駐車場が満車稼働するわけではないことを考慮しなくてはなりません。空車が出ることも想定して、事業計画を立てましょう。そうしておくことで、想定よりも賃料が得られず、必要経費を支払えなくなってしまうリスクを抑えられます。具体的な数字を挙げると、必要なだけ収益を確保できる稼働率は何%か、持ち出ししなくてはならないか、などです。細かくシミュレーションしておくと、万が一の事態に直面したとき落ち着いて対処できるでしょう。

稼働率の計算方法と稼働率の理想値

稼働率の計算方法は、駐車場の種類によって異なります。月極駐車場の稼働率は、「契約済みの駐車スペース÷駐車スペースの総数」、コインパーキングの稼働率は、「1日の駐車時間÷24時間=1つの車室の稼働率」で求められます。なお、平均的な駐車場の稼働率は、月極駐車場が8~9割、コインパーキングが4~5割です。コインパーキングは立地条件に左右されるところが大きく、条件が良い場合は稼働率が6~7割になるところもあるでしょう。稼働率の平均を下回ると利益を得ることが難しいため、ひとつの目安として把握しておくべき。空車リスクがある前提で利益の予測を立てるのが失敗を防ぐコツです。

まとめ

収益をシミュレーションするときに、満車状態の想定しかしていないことは経営の失敗に繋がります。稼働率を計算するときは空車のリスクを想定しておくことが重要です。地域の特性や時間帯、料金設定などの要素も加味した上で、シミュレーションしましょう。

コインパーキング経営を成功させる
コインパーキング経営を
成功させる

コインパーキング経営会社を
58社徹底調査!

コインパーキング経営で安定した収益を得られる会社はどこ?
安定した収益で機器メンテナンスや運営管理もまるごと任せられる会社を調査しました。

おすすめのコインパーキング経営会社を今すぐ確認