公開日: |最終更新日時:

コインパーキングの運営を始める場合、駐車場として活用するに適した土地にするための工事が必要になります。ここでは、コインパーキング運営を検討中の方に向けて、土地を駐車場として整備するための工事の内容や、かかる期間について紹介していきます。

コインパーキングを
始めるための工事

コインパーキング運営を行うためには、土地の舗装や外構工事などをする必要があります。

整地

平坦な土地で整地が済んでいる場合この作業は不要です。平坦でない場合は掘削工事を行い整地し、さらに砕石を敷き詰め土地を整えます。地盤の緩さや雨によってぬかるんでしまうといった状態によっては、この砕石の量が多くなります。

舗装

砕石しただけの状態でも駐車場として活用することは可能ですが、舗装することによって路面が長持ちし、排水性もアップするなどメリットが増えます。

アスファルトは厚くすればするほど耐久性が高まりますが、その分費用がかかってしまうので、予算や駐車場の運営期間などを踏まえて検討しましょう。

ラインを引く

車1台ごとに駐車するスペースを区切るため線を引きます。線にはシングルかダブルの種類があり、太さも考えなければなりません。土地の広さや照明の設置を考慮して、視認性の高いラインを引きます。

側壁・外構工事

隣の敷地との境には側壁を、道路との境には外構を設ける必要があります。側壁にはブロック塀やネットフェンスなど様々な種類があり、ブロック塀だと地震時に倒壊する危険性が高いため注意が必要です。メッシュフェンスは価格もリーズナブルで、見た目も良いので側壁に最適な商品とされています。

コインパーキングに必要な設備

ここでは、コインパーキング運営を行うために必要な設備を紹介します。

看板

駐車場を案内するための看板だけでなく、料金や利用規約、利用案内が記載された看板を設置する必要があります。とくに駐車場を案内する看板は、駐車場に誘導するために必要不可欠なものなので、目立つものが最適。また料金案内看板は、利用者とのトラブルを避けるためにも分かりやすい提示を心がけましょう。

照明

新規でコインパーキングを運営する場合LED照明を設置する必要があります。一般的に10台停められるような駐車場であれば、1~2灯程度設置すると良いでしょう。

コインパーキング用の機器・通信回線

精算機や稼働状況などを把握するため、コインパーキング機器として通信機器を導入するケースが一般的になっています。売上高の確認や管理などにも便利なため、駐車場の運営がしやすくなるでしょう。

コインパーキングの工事期間

土地の広さや駐車台数、形態などによって大幅に変わりますが、コインパーキングの工事にはおおよそ1週間かかります。比較的短期間で工事を終えられるため、スピーディーに運営を開始したいのであればコインパーキング運営はメリットが大きいでしょう。

コインパーキング経営を成功させる
コインパーキング経営を
成功させる

コインパーキング経営会社を
58社徹底調査!

コインパーキング経営で安定した収益を得られる会社はどこ?
安定した収益で機器メンテナンスや運営管理もまるごと任せられる会社を調査しました。

おすすめのコインパーキング経営会社を今すぐ確認