公開日: |最終更新日時:

コインパーキング経営の失敗事例には、狭小地での運営があります。しかし、狭小地だと必ず失敗するというわけではありません。狭小地のパーキングには、成功するためのコツがあります。ここでは、狭小地のコインパーキングが失敗しやすい理由をまとめました。また、コインパーキングに必要な面積についても紹介します。失敗する理由を知って、狭小地を活かしたコインパーキングを作りましょう。

利用者が集まらなくなる

コインパーキングの利用者にとっては、駐車のしやすさはパーキング選びのポイントのひとつです。コインパーキングがあっても、敷地や通路が狭いと、入出庫のしづらさから、他のパーキングを探すでしょう。近隣に駐車場がなければ利用してもらえるかもしれません。しかし、その場合、近くに別のコインパーキングができたときに利用客はそちらに流れていってしまうでしょう。狭くて使いづらいコインパーキングは、利用者が集まらなくなってしまいます。

車間距離が取れず事故・トラブルのもとになる

収益を増やすことを考えると、できる限り多くの車を駐車できると有利です。すると、駐車スペースをギリギリの広さにしたくなってしまうでしょう。収益重視で車が詰め込まれた状態のレイアウトにしてしまうと、利用者からは入出庫がしづらそうに見えて敬遠されます。その上、車間距離が十分に取れず、事故やトラブルのリスクも高くなります。事故が起こりやすい駐車場になってしまえば、さらに利用者が集まらなくなるでしょう。安定した収益を得るためには、収益だけを考えるのではなく利用者の使いやすさや安全性を考えて、適切なスペースを確保することが重要です。

コインパーキングにはどのくらいの面積が必要?

では、コインパーキングにはどれくらいの面積が必要でしょうか?一般的に駐車スペースは、1台分が約12.5㎡必要と言われています。2台なら約25㎡必要です。コインパーキングはさらに精算機を設置する必要があるため、そのスペースに5㎡使うと考えると、最低30㎡あればコインパーキングができると考えられます。ただし、これはある程度の広さがある道路から直接入庫できるような土地で駐車しやすい条件の場合です。道路幅や土地の形状、駐車スペースの配置によっては、もっと広いスペースが必要になります。利用者の使いやすさに配慮したスペースを確保しましょう。

まとめ

コインパーキングは、狭い土地でも経営できます。しかし、収益の効率だけを追いかけてレイアウトを考えてしまうと、利用しづらい駐車場になり利用者が集まりません。利用者にとって利便性が高いレイアウトを意識することが、結果的に収益に反映するでしょう。

狭小地や形が特殊な土地を所有しているオーナーの中は、コインパーキングとしての活用に興味があるものの駐車スペースの適切な配置などが分からないという人も少なくありません。活用方法に悩む土地があるなら、コインパーキング経営会社に相談してみるのも選択肢のひとつです。土地に合った活用方法を提案してもらえるでしょう。

コインパーキング経営を成功させる
コインパーキング経営を
成功させる

コインパーキング経営会社を
58社徹底調査!

コインパーキング経営で安定した収益を得られる会社はどこ?
安定した収益で機器メンテナンスや運営管理もまるごと任せられる会社を調査しました。

おすすめのコインパーキング経営会社を今すぐ確認