公開日: |最終更新日時:

安定収入を得られる投資法のひとつにコインパーキング経営がありますが、土地を所有していないと経営は始められないのでしょうか?ここでは、土地なしでもコインパーキング経営をスタートできる方法について解説していきます。

土地なしの状態からコインパーキング経営を行う方法

土地を所有していない状態からコインパーキング経営を行うには、「土地を借りる」「土地を購入する」という2つの方法があります。土地を借りる場合は、更地や駐車場として貸し出している土地と賃貸契約し、それをコインパーキングとして運用します。もちろん土地を自分で購入し、それをコインパーキングにすることも可能。状況にもよりますが、更地よりも建物付きの土地を選んで取り壊した方が、費用が安く上がるケースもあるようです。

土地を借りてコインパーキング経営を行うメリット・デメリット

借りた土地でコインパーキングを経営する場合、購入に必要な資金調達をする必要がありません。ローンを借り入れる必要がなく、自己資金に乏しくても経営を始めることができるため、比較的低コスト。借地なので事業の撤退がしやすく、赤字の際のダメージを減らすこともできます。

ただし、土地の賃料をずっと払い続けることになるため、長期運用となると購入よりお金がかかるのがデメリットです。毎月の賃料が発生する分、利益率も下がります。

土地を購入してコインパーキング経営を行うメリット・デメリット

土地を購入してコインパーキングを経営する場合、ある程度の自己資金が必要です。仲介手数料・手付金・登記費用などもかかってきますし、一括で土地代を払えない場合はローンを組む必要があります。また、狭小地や変形地だと、コインパーキングを撤退したあとの使い道に困る…といったデメリットもあります。

ただし、購入した土地は自分自身の資産となるのがメリットです。土地代を払い終えれば賃料やローン返済も必要ないため、長期間運用の場合はランニングコストを減らすことが可能。立地が良ければ、購入時より高く売却できることもあります。

まとめ

土地を入手するところからスタートしても収益化は可能

土地なしでコインパーキングを経営するには、「土地を借りる」「土地を購入する」という2つの方法がありますが、どちらにもメリット・デメリットがあります。しかし、一括借り上げ方式であれば、初期費用は0円から経営を始めることが可能。毎月一定額の賃料を受け取れるため、賃貸料やローン返済があったとしても、十分に利益を出すことができるでしょう。ただし、コインパーキング経営を成功させるには土地選びが非常に重要です。賃貸・購入を考えている土地が利益を出せるかどうか、相談に乗ってくれる経営会社を選ぶと良いでしょう。

コインパーキング経営を成功させる
コインパーキング経営を
成功させる

コインパーキング経営会社を
58社徹底調査!

コインパーキング経営で安定した収益を得られる会社はどこ?
安定した収益で機器メンテナンスや運営管理もまるごと任せられる会社を調査しました。

おすすめのコインパーキング経営会社を今すぐ確認