公開日:|最終更新日時:

コインパーキング経営は比較的リスクの少ない土地活用法と言われていますが、やはり気になるのが失敗事例。ここでは「違法駐車が減らない」「近隣住民とのトラブル」「賃料の減額」といった、コインパーキング経営によくある失敗事例とその対策法をまとめてみました。

違法駐車が減らない

コインパーキングの車室以外に車を停められてしまう、長時間駐車してそのまま放置、フラップ板を乗り越えて駐車料金を踏み倒すといった違法駐車。違法駐車が増えるとパーキング自体のイメージが悪くなって利用者数が低下したり、近隣住民からのクレームにつながるケースもあります。

また、ごみを勝手に捨てられる不法投棄も頭の痛い問題。場内にごみが捨てられていると美観が損なわれるだけでなく、利用者からも敬遠されてしまうことになります。こういった違法駐車・不法投棄にはどのような対策が有効なのでしょうか?具体的な方法を見ていきましょう。

コインパーキング経営の
違法駐車の事例と対処法を確認

近隣住民とトラブルになった

24時間365日営業が基本となっているコインパーキング。とくに住宅地に開設する場合は、近隣住民からのクレーム問題が発生することがあります。近隣住民とのトラブルで多く見られるのが、車のアイドリングやドアの開け閉め音、利用者の話し声といった「騒音」。昼間はそれほど気にならない音も、深夜になると響いて苦痛になる…といったケースは少なくありません。

その他にも、排気ガスが窓から入ってくる、駐車場の照明が明るくて眠れないといったクレームも多くなっています。こうしたトラブルの対応策としては、定期的な巡回と24時間対応のコールセンターの設置が有効。その理由をチェックしてみてください。

コインパーキング経営の
近隣住民とのトラブルが起こる原因と対処法を確認

賃料を減額された

コインパーキングの賃料とは、コインパーキング経営会社が土地を借り上げ、毎月の賃料を土地オーナーに支払うというもの。基本的には最初に取り決めた賃料を受け取ることができるのですが、なかには「賃料を減額されてしまった」というトラブルも見られます。

賃料を減額される理由の多くは、周辺に競合のコインパーキングができたことで経営が難しくなった…というものですが、減額の条件は契約書の「賃料減額条項」に記されています。つまり、契約内容をしっかり確認しておかないと、賃料を減額されることがあるというワケです。ここでは契約書チェックの重要性のほかにも、対処法をご紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

コインパーキング経営の
賃料減額の事例と対処法を確認

税金の支出を考えていなかった

コインパーキングの経営でよくあるのが、思いがけないところで税金の支出があり経営が圧迫されてしまうこと。特に多いのが、建物を解体した土地をコインパーキングとしてオープンしたら税金が予想以上にかかってしまったという事例です。これは固定資産税によるものであり、建物を解体したことに起因しています。このように、税金関する知識が不足していると思わぬ事態に陥り、赤字経営を余儀なくされるケースがあるでしょう。ここでは税金の支出を考慮していなかった事例を紹介するとともに、原因や具体的な対策についても解説しています。

税金によるコインパーキング経営の
失敗例を確認

空車を想定できていなかった

満車状態が続くと思い込み、稼働率の計算やシミュレーションを行うと、空車が出たときに思ったような利益が出ず経営難に陥ります。そのような事態に備えて、稼働率は空車が多くても対応できるようシミュレーションしておくことが重要です。適切な稼働率は40%~50%であり、多すぎても少なすぎても良くありません。収益を確実に確保するためにできる対策はいくつかあり、損益分岐点を把握したり、稼働率の理想地を割り出したりすることが該当します。ここでは、空車を想定に入れ忘れて失敗した事例を紹介するとともに、失敗の原因や対策を紐解き、稼働率の求め方についても解説します。

空車によるコインパーキング経営の
失敗例を確認

道・土地が狭く、使いづらいパーキングになってしまった

狭小地でもコインパーキングの経営は可能です。利益を考えると、1台に対してゆとりのあるスペースを確保するより、駐車できる台数を増やしたくなるかもしれません。しかし、入出庫しづらそうなパーキングでは、利用者が離れてしまいます。近隣にゆとりのあるパーキングができたらそちらに流れるでしょう。狭小地をコインパーキングとして活用する場合は、利用者目線のレイアウトが重要です。狭小地の注意点を確認しましょう。

狭小地によるコインパーキング経営の
失敗例を確認

原状回復にお金がかかった

コインパーキング経営から撤退する際は、原状回復工事をしなければいけません。原状回復は、機器の撤去やアスファルト舗装の除去作業があります。駐車場運営・管理会社と契約している場合にしばしば問題となるのが「原状回復費用を誰が負担するか?」です。契約で取り決めていない場合は撤退時に直接交渉となります。また、管理会社負担になっていても、元の状態を証明できずオーナー負担になるケースもあるため注意が必要です。

原状回復によるコインパーキング経営の
失敗例を確認

コインパーキング経営を成功させる
コインパーキング経営を
成功させる

コインパーキング経営会社を
58社徹底調査!

コインパーキング経営で安定した収益を得られる会社はどこ?
安定した収益で機器メンテナンスや運営管理もまるごと任せられる会社を調査しました。

おすすめのコインパーキング経営会社を今すぐ確認