公開日: |最終更新日時:

コインパーキング経営をやめて土地を売却しようとしたら解約金が発生したケースがあるようです。解約金が発生するのはどんなときでしょうか。対策方法は?契約途中で解約することは可能?解約金について解説します。

コインパーキング撤退時に違約金が発生するのはどんなとき?

コインパーキング撤退時に違約金が発生するのは、契約期間満了前といわれています。管理会社と契約をする際、契約内容や解約金についてしっかり頭に入れておかないと、トータル収支が赤字なってしまうかもしれません。ただし、立地が良く高い賃料が見込めるコインパーキングであれば、途中で解約をしても免除されることもあるようです。管理会社の契約内容によって異なるため、解約条件について納得のいくまで話し合っておきましょう。

想定外の違約金の対策は「契約書の内容の確認」

契約満了途中で解約した場合、違約金が発生します。違約金の負担は管理会社によって異なるため、管理会社の投資分〇割負担や機器撤去費用の負担、契約賃料の数か月分負担といった項目を確認しておきましょう。途中で賃料の見直しができるのか、違約金なしで解約できるかもチェックしてください。管理会社によって土地を元にもどすための「原状回復費」まで負担するケースもあるようです。「需要がなかった・需要が減った」時の対応も確認してください。管理会社と契約後のトラブルを防ぐためにも、契約書は何度も読み返して、見落としのないように注意しましょう。契約内容をしっかり理解したうえに契約してください。

コインパーキングの平均契約期間は2~4年

管理会社によって異なりますが、コインパーキングの平均契約期間は2~4年です。契約期間は、オーナーの要望や土地の立地条件から決定します。短期・長期のどちらかを選択できる管理会社もあり、短いところでは数か月契約も可能な会社もあるようです。

オーナーは「土地の一括借り上げ」で管理会社に運営を委託した場合、土地の整地やアスファルトの舗装工事といった初期費用は管理会社が負担するため、オーナーは初期費用なしでコインパーキングを経営することができます。管理会社はすべてを負担する代わりに、投資分の賃料を回収しなければなりません。そこで、一定の契約期間が設けられているのです。

コインパーキング経営の契約期間はどうやって決める?

次の土地活用までのつなぎなら短期間契約

次の土地活用のつなぎとしてコインパーキングを経営するのであれば、短期契約がいいでしょう。長期で契約すると、何らかの理由で急遽現金が必要になり、途中で解約しなければいけなくなったときに違約金が発生する可能性があります。短期に契約しておいた方がリスクを回避できるでしょう。短期間で高い賃料が見込める場合も短期契約が可能です。

次の予定がなく、ほかに使い道がない土地なら長期契約

所有している土地をマンションやアパートとして活用する予定がなく、売却しても利益が見込めないと判断した場合は長期契約がいいでしょう。管理会社の契約期間の平均は2~4年。長すぎると売り上げの相場が変動する可能性もあり、管理会社に敬遠されることも。10年まで契約ができる管理会社もありますが、契約に条件が付くケースもあるようなので注意してください。

コインパーキングは途中解約できるのか

途中解約は可能です。ただし、解約をしたいときは、希望日の2~6か月前に申告しなければなりません。申告のタイミングについては管理会社に確かめてみましょう。契約期間を待たずに途中で解約すると違約金が発生するので注意が必要です。

まとめ

コインパーキングを次の土地活用のつなぎとして経営する場合は短期。次の予定がない場合は長期契約も可能です。契約期間満了前に解約すると違約金が発生するケースが多く、契約内容によってはオーナーが負担するケースもあります。その場合、どこまで負担するのかは管理会社によって違うので確認が必要です。何が起きるかわかりません。急にお金が必要になったときに慌てないためにも、契約をするときは途中解約も想定して契約内容を確認することをおすすめします。

コインパーキング経営を成功させる
コインパーキング経営を
成功させる

コインパーキング経営会社を
58社徹底調査!

コインパーキング経営で安定した収益を得られる会社はどこ?
安定した収益で機器メンテナンスや運営管理もまるごと任せられる会社を調査しました。

おすすめのコインパーキング経営会社を今すぐ確認