公開日: |最終更新日時:

コインパーキング経営でよくあるトラブルのひとつが、違法駐車や不正利用。また、コインパーキングは基本的に無人営業となっているため、ごみを不法投棄されやすいといった特徴もあります。ここではそれらの原因と対処法をまとめてみました。

違法駐車トラブル事例とその原因

環境整備不足が違法駐車の原因

コインパーキングによくある違法駐車とは、「車室ではないスペースに車を停める」「長時間車を停め、そのまま放置する」「車のタイヤを停めるフラップ板を避けて駐車する」といったトラブル。原因として考えられるのは、「定期巡回を行っていない」「適切な位置に防犯カメラが設置されてない」といった理由です。こういった違法駐車はオーナーだけでなく、ほかの利用者や近隣住民にも迷惑をかけることがあります。

巡回が少ないとごみを不法投棄されやすい

コインパーキングでよくあるトラブルに、ごみの問題があります。コインパーキングは24時間365日稼働していますが、基本的にスタッフは常駐していません。とくに人目の少ない深夜帯はごみを捨てられやすく、そのまま長期間放置されるといったケースも少なくないのです。一度ごみを捨てられると、その上にまたごみを捨てる人が出てくる…という負のサイクルに陥りやすくなるのが特徴。この原因は、定期的な巡回と清掃不足と考えられます。

対策方法

防犯カメラの設置と定期巡回の実施

違法駐車やごみの不法投棄を防止するには、定期的な巡回と防犯カメラの設置が有効。防犯カメラが適切に設置されていたり、定期的なスタッフの巡回が行われていれば、「録画されている」「警備員が見ている」という意識が利用者に働き、違法駐車やごみの不法投棄に対する抑止力となるでしょう。防犯カメラがあれば違法駐車・不法投棄をされたとき、その証拠となる映像を残せるのもメリットです。また、車室以外のスペースに車を停められないよう、レイアウトを工夫するのもひとつの手段です。

定期的な清掃作業を徹底する

コインパーキング内にごみを不法投棄されないようにするには、定期的に清掃作業を行うことが重要です。パーキング内が常にキレイだとごみを捨てにくくなりますし、「スタッフがいつも巡回している」という印象付けにもなるでしょう。「ごみの不法投棄禁止」「スタッフ定期巡回中」といった看板や貼り紙をするのも効果的です。また、ごみが不法投棄されやすいのは夜の時間帯なので、照明を設置して場内をできるだけ明るくしておくと良いでしょう。

まとめ

いつでもトラブルに対応できる経営会社を選ぼう

違法駐車やごみの不法投棄といった問題は、どのコインパーキングにも起こりやすい問題。いつ、どの時間帯で発生するか分からないトラブルでもあるので、24時間体制の保守管理や定期巡回を行っているコインパーキング経営会社を選ぶようにしましょう。きちんとした会社と契約できれば、安心して運営をまかせることができます。

コインパーキング経営を成功させる
コインパーキング経営を
成功させる

コインパーキング経営会社を
58社徹底調査!

コインパーキング経営で安定した収益を得られる会社はどこ?
安定した収益で機器メンテナンスや運営管理もまるごと任せられる会社を調査しました。

おすすめのコインパーキング経営会社を今すぐ確認