公開日: |最終更新日時:

コインパーキングの売上予測を行う際、単に時間単価や稼働率から売上を計算するだけでなく、ランニングコストを計算して具体的な収益をシミュレーションすることも大切です。このページでは、コインパーキングの売上予測についてまとめました。

売上予測の方法:必要なデータは駐車台数・料金・稼働率

コインパーキングの売上予測を行う場合、最低限必要となる数値としては以下のようなものが挙げられます。

  • 駐車可能台数
  • 利用料金/時間
  • コインパーキングの稼働率(平均稼働率)

なお、上記の数値はあくまでも概算予測に必要なものであり、実際の売上予測を正確にシミュレートする場合、さらに周辺エリアの状況や競合他社の存在、エリアニーズやコインパーキングのレイアウト(駐車可能な車種のサイズ及び台数)など様々な要素を加味しなければなりません。

また、収益性を考えるためには初期投資としてかけた費用やランニングコスト、突発的に発生した支出などマイナス要素についても検討することが必要です。

インターネットにある損益シミュレーションを使う

コインパーキングの売上予測に関しては、駐車可能台数や利用料金、稼働率などを入力することで自動的に損益計算を行ってくれるシミュレーターを利用することも有効です。

ただし、シミュレーターのアルゴリズムによって算出される結果が異なる可能性もあり、複数の損益シミュレーションを使って平均値を取るといった工夫も考えなければなりません。

稼働率を自力で算出する

コインパーキングの稼働率とは、1日のうちどれくらいの時間、コインパーキングが利用されていたのか、占有率を指す言葉です。

利用時間や利用台数を把握することで、コインパーキングの稼働率について自分で計算することもできます。

稼働率の平均は?

コインパーキングの平均稼働率や総稼働率を調べることで利回りの計算を行うことが可能です。

コインパーキングの平均稼働率について詳しく見る

コインパーキング会社が売上予測時に行う調査

コインパーキング会社が独自のノウハウやアルゴリズムを活用したり、エリアのニーズを分析したりすることで、売上予測を行っている場合があります。

周辺の月極駐車場の料金からアタリをつける

コインパーキングを始めようと考えているエリアにおいて、競合他社となる月極駐車場の利用料金からコインパーキングの売上を予測することも可能です。

便宜上、コインパーキングの稼働率を50%と定めた場合、月極駐車場の料金はコインパーキングを毎月50%利用し続けた金額に相当します。

そのため単純計算した場合、エリアの月極駐車場の料金相場の約2倍程度が、コインパーキングの1ヶ月の売上として考えられるでしょう。

ランニングコストの算出は?

コインパーキングの利回りを考えて投資価値を見極めようとすれば、収入だけを見て満足することはできません。

コインパーキングの運営には経営スタイルによって、機械設備のメンテナンス費用や清掃作業にかかる費用、万が一のトラブルに備えての保険料など様々なランニングコストがかかります。また、コインパーキングの運営において必要となる税金もあり、それらのコストを総合的に算出することが必要です。

初期費用の算出は?

コインパーキングの初期費用には土地の取得費やアスファルトの舗装費、機械設備の設置費用など様々なコストが想定されます。

ただし、コインパーキングの初期費用がどの程度かかるかは、コインパーキングの経営方法によって左右されます。基本的に初期費用やランニングコストが発生するのはコインパーキングを自営したり共同経営したりする場合であり、土地一括借上方式のような経営方法であれば初期費用が発生することはありません。

初期費用については以下のページで詳細を解説していますので、ぜひそちらも参考にしてください。

コインパーキングの初期費用について詳しく見る

コインパーキング経営を成功させる
コインパーキング経営を
成功させる

コインパーキング経営会社を
58社徹底調査!

コインパーキング経営で安定した収益を得られる会社はどこ?
安定した収益で機器メンテナンスや運営管理もまるごと任せられる会社を調査しました。

おすすめのコインパーキング経営会社を今すぐ確認