公開日: |最終更新日時:

所有する土地をコインパーキング経営会社に貸し、毎月決まった額の賃料を受け取れる「一括借り上げ方式」。しかし、なかにはこの賃料を減額された…というトラブルが見受けられます。その原因と対策法をまとめましたので、目を通してみてください。

賃料減額事例とその原因

契約内容の確認不足が主な原因

コインパーキングの賃料を減額される事例のひとつが、「近隣に競合パーキングができたことで需要が減る」といったもの。コインパーキングの賃料は需要と供給によって決まるため、競合によって需要が減ると収益も減り、賃料ダウンにつながってしまうのです。

基本的には稼働率にかかわらず一定の賃料を受け取れる一括借り上げですが、契約内容の中に「賃料減額条項」が設けられていることがほとんど。この内容をしっかり把握しておかないと、賃料を減額されて困ってしまう…といった結果になってしまうのです。

対策方法

賃料減額の条件を契約時に確認しておく

コインパーキングの一括借り上げの場合、基本的には「競合のコインパーキングができた」「土地の相場が下落した」といった理由で賃料を減額することはできません。しかし、契約内容に特別な条項が設けられている場合は別です。契約書の内容をしっかりと確認し、どのようなケースで賃料の減額が適用されるのかを把握しておきましょう。読んでもよく分からないからすべてお任せで…などと考えていると、トラブルにつながりかねません。

少々値下げをしてでも稼働率を上げて収益性を高める

競合が参入して稼働率が下がった場合、料金を値下げして差別化を図ることがあります。もちろん毎月の賃料も下がることになりますが、そのまま放っておくと競合に大きく差をつけられ、コインパーキング経営自体が立ち行かなくなることもあります。そういった事態を防ぐためには、少々値下げをしてでも稼働率を上げ、収益性を高めることが大事。ただし、言われるがままに料金を下げるのではなく、その値下げ交渉が妥当なものなのか、きちんと根拠を聞くようにしましょう。

まとめ

事前調査に力を入れている経営会社を選ぼう

コインパーキング経営で安定した収入を得るためには、最初の賃料決めが非常に重要。事前にしっかりと周辺調査を行い、適切な料金設定を行えば、突然賃料を減額されるといったトラブルも少なくなります。事前調査の丁寧さは経営会社によって異なるため、焦って契約してしまうのは考えもの。失敗を防ぐためにもじっくりと情報を収集し、慎重に選定するようにしましょう。

コインパーキング経営を成功させる
コインパーキング経営を
成功させる

コインパーキング経営会社を
58社徹底調査!

コインパーキング経営で安定した収益を得られる会社はどこ?
安定した収益で機器メンテナンスや運営管理もまるごと任せられる会社を調査しました。

おすすめのコインパーキング経営会社を今すぐ確認