公開日: |最終更新日時:

コインパーキング経営は初期投資が少なく比較的ローリスクで始められる土地活用法ですが、失敗することもあります。それは需要がない場所で、利用者が集まらない場合です。

駐車場経営は立地が命です。住宅街やあまり人が訪れない場所での集客は難しいことを知っておきましょう。

需要のない立地の例

需要のない土地の例として以下の3つが挙げられます。

  • 学生街
  • 周辺にお店がない環境
  • 一見需要がありそうでも、供給過多になっているケース

地域にもよりますが、学生街では車で移動するより、徒歩や自転車で移動する人が多いケースが一般的で、コインパーキングの需要が低い可能性が高いといえます。周辺にお店や商業施設がない場合も、人の出入りが少ないので集客が見込めません。

また一見需要がありそうでも供給過多になっているケースにも気を付けましょう。

需要のある立地の例

コインパーキングの利用者はコインパーキングそのものを目的としているのではなく、目的地に行くために一時的な駐車場所として利用する点に注意しましょう。

そのためコインパーキング経営で重要なポイントとなるのが、「駐車後の目的地」が近くにあることです。

需要のある立地は来訪者が多い地域で、例として以下の3つが挙げられます。

  • 大型商業施設や映画館・人気スポットや主要駅の近く
  • オフィス街の近く
  • 路上駐車の難しい場所や車でのアクセスに不便な場所
  • 再開発予定地の近く

大型商業施設や映画館・人気スポットなら土日を中心に人が集まりやすく、オフィス街は平日人が出入りします。また主要駅近くなら、曜日を問わずに常に人が集まるでしょう。

車通りがあるのに路上駐車の難しい場所や、車でのアクセスに不便な場所もニーズがあります。

再開発予定地は将来人が集まることが予想されるので、狙い目です。道路幅が狭いとコインパーキングを使用しにくいので、最低でも5m以上道路幅があるところで運営すると稼働率が良くなります。

自分が持っている土地の近くの状況をしっかりチェックしておきましょう。

失敗の要因は周辺環境の調査不足

コインパーキング経営が失敗する要因は、周辺環境の調査不足が原因であることがほとんどです。

コインパーキング経営において、土地周辺の市場調査は重要なポイント。この調査が不十分な場合、将来の収支の予測が不確かになり、経営に失敗してしまうのです。

まずエリアの特徴から、利用者の傾向を調査します。そして路上駐車が難しいなどコインパーキングがあると便利に感じる場所を選びましょう。

周辺のコインパーキングの調査も大事です。立地や相場、稼働率、形態などを調べましょう。自分が将来持つコインパーキングの参考にするのもいいですが、近隣のコインパーキングとは異なる種類の車をターゲットにするのもおすすめです。たとえば軽自動車専用の駐車場が多いなら、大型自動車も停められる駐車場にするといった感じです。

おすすめはコインパーキング会社にプロの目で調査してもらうこと。周辺環境から、該当の土地にコインパーキングを作ったらどのぐらいに需要が見込めるのかしっかり見極めてもらいましょう。

まとめ

コインパーキング経営失敗の原因のひとつとして、需要のない土地で利用者があまりいなかったケースを紹介しました。コインパーキング経営は、需要と供給の見極めが重要。利用者が見込めない立地で経営しても失敗する可能性が高いでしょう。

運営会社を利用してプロの目でしっかり周辺の市場調査をおこない、調査不足で失敗することがないようにしましょう。

コインパーキング経営を成功させる
コインパーキング経営を
成功させる

コインパーキング経営会社を
58社徹底調査!

コインパーキング経営で安定した収益を得られる会社はどこ?
安定した収益で機器メンテナンスや運営管理もまるごと任せられる会社を調査しました。

おすすめのコインパーキング経営会社を今すぐ確認