公開日: |最終更新日時:

コインパーキング経営を始める時は、初期費用だけでなく、運営方法やランニングコスト(維持費用)について知っておくことが大切です。しかし、駐車場経営初心者にとって、必要経費の理解は難しいポイント。

この記事では、コインパーキング経営の運営方式とランニングコストの内訳について分かりやすく紹介します。

駐車場経営の運営方式と初期費用

駐車場経営の運営方式と初期費用を確認しましょう。

自身の土地を活用した「月極駐車場経営」

一定の敷地面積の土地を所有している場合、駐車場として活用できる場合があります。自身の所有している土地を月極駐車場へ活用する際は、駐車スペース5~10台程度で200万円~500万円の初期費用が必要です。主にアスファルト舗装のような土地整備や、看板設置といった点に費用がかかります。

未舗装の状態でも月極駐車場経営を始めることは可能ですが、利便性という点で課題になってしまうことも。個人で月極駐車場経営を始める場合は、利用しやすさ・防犯に繋がる、土地整備や照明設置といった環境設備を入念に行うことがおすすめです。

コインパーキング経営の初期費用

コインパーキング経営を始めるにあたり最初にコストが発生するポイントは、自身の土地もしくは他者から借りた土地の整備、精算機やロック板などの設置など。個人で始める際は、300万円程度の初期費用がかかります。

初期費用は運営方式によっても変動しますが、コインパーキング委託業者へ運営管理を委託する場合、初期費用を0円に抑えられることも。

コインパーキングの自営と業務委託どっちがいい?
メリットデメリットを詳しく見る

コインパーキング経営のランニングコスト

コインパーキング経営では、以下のような費用項目が発生します。

  • 清掃費
  • 電気代
  • 設備メンテナンス費
  • 消耗品の購入費用
  • 集金費用
  • 通信費
  • 保険料
  • 遠隔システム費用
  • 24時間対応の警備やコールセンター費用

続いて、コインパーキング経営のランニングコストを運用費別に紹介します。(10台程度のコインパーキングを想定した場合の費用)

自身の所有している土地でコインパーキング経営を始める

自身の所有している土地をコインパーキング経営に活用する時は、主に以下の費用(月額)がかかります。

  • 設備メンテナンス費用:2,000円(ロック板など1台あたり)
  • 電気代:5,000円程度
  • 集金費用:100円台
  • 合計:数万円弱

他者から土地を借りてコインパーキング経営を始める

他者から土地を借りる場合は、設備メンテナンス費用や電気代、集金費用といったランニングコストに加えて、土地のレンタル代も毎月負担します。

  • 設備メンテナンス費用:2,000円(ロック板など1台あたり)
  • 電気代:5,000円程度
  • 集金費用:100円台
  • 土地のレンタル代
  • 合計:数万円+土地のレンタル代

ランニングコストを抑えるという点だけで言えば、駐車場経営は自分が所有している土地で行うのがベターでしょう。

コインパーキングの運営会社へ管理を委託する

土地を所有している、もしくは借りている状態で、コインパーキング運営会社に管理運営を委託するとほとんどのランニングコストが0円となります。

毎月固定の賃料を確保できれば十分と考える場合は、コインパーキングの方がメリットを感じられる可能性も。運営管理の手間を省略したい場合にも、コインパーキングの経営委託はメリットのある運営方法といえます。

ランニングコスト以外の費用

コインパーキング経営にかぎらず、収入や資産には税金がかかります。コインパーキング経営の場合は、所得税に加えて固定資産税と都市計画税の負担を行うのが特徴です。

固定資産税とは土地や建物にかかる税金のことで、評価額に1.4%をかけた金額を納税する必要があります。一方都市計画税は、市街化区域内にある土地や建物にかかる税金で、課税額は、評価額×0.3%。

土地や建物の評価額は、毎年4月~5月に送付される固定資産税・都市計画税納税通知書の課税明細書に明記されているもので、公示価格の70%程度が目安とされているものの、土地の形状や立地によって変動します。

ランニングコストを抑える一括借り上げとは

コインパーキング経営のうち、コインパーキング運営会社へ運営管理を委託する運用方法を「一括借り上げ方式」と呼びます。

一括借り上げ方式では、コインパーキング運営会社へ自身の土地を貸し出す代わりに、初期費用やランニングコストが不要となるのが特徴です。ランニングコストは毎月の収入から差し引かれるため、賃料収入の中から、かかったランニングコスト分をコインパーキング運営会社へ支払う形となります。

自営方式と比較すると大きな利益を得るのは難しいところですが、広告宣伝や集金作業、ランニングコストの管理などといった点を会社がカバーしてくれるため、ランニングコストや運営管理の手間を抑えたい方にとってはメリットのある選択肢と言えるでしょう。

コインパーキング経営ではランニングコストと利回りの確認も大切

コインパーキング経営では、ランニングコストだけでなく年間の収入をあらかじめ計算しておくのも大切です。収支バランスを予測する方法について紹介します。

表面利回り

表面利回りとは、年間の賃料収入を初期費用で割った数値のことです。

  • (賃料収入÷初期費用)× 100 = 表面利回り(%)

表面利回りが高ければ高いほど、収益性の高い状態と判断できます。

表面利回りのメリットは、簡単におおよその収益効率を計算できる点です。ただし、ランニングコストや税金を含めていないため、正確な収益効率の計算は難しくなります。

正確な収益性を求めるには、実質利回りを覚えておくのが大切です。

実質利回り

実質利回りは、年間の賃料収入からランニングコストで差し引き、さらに初期費用を差し引いたもの。

  • (賃料収入-ランニングコスト)- 初期費用 × 100 = 実質利回り(%)

実質利回りは、現実的な収益性を確認できるのが主な特長です。ランニングコストや税金を含めるため、表面利回りよりも低めの数値となる場合があります。

この計算にあるデメリットは、「稼働率100%を想定した賃料収入」を算出してしまう点で、実際のコインパーキング経営においては稼働率60%や50%の日も発生する可能性が当然あります。

より現実的な実質利回りを求めるには、稼働率を計算式に組み込んでみましょう。

  • (賃料収入 × 稼働率 - ランニングコスト)- 初期費用 × 100 = 実質利回り(%)

利回りの計算を覚えておけば、収支バランスを確認できます。

    まとめ

    コインパーキング経営のランニングコストは、10台分の駐車スペースで毎月数万円程度。コインパーキング運営会社へ一括借り上げ方式の契約を交わした場合は、初期費用とランニングコストの負担を更に抑えられる場合も。

    経営を始めるにあたっての費用や、運営にかかるコストを0円にしたい方は、記事を参考に、コインパーキング運営会社への委託を含めて検討を進めてみてはいかがでしょうか。

    コインパーキング経営を成功させる
    コインパーキング経営を
    成功させる

    コインパーキング経営会社を
    58社徹底調査!

    コインパーキング経営で安定した収益を得られる会社はどこ?
    安定した収益で機器メンテナンスや運営管理もまるごと任せられる会社を調査しました。

    おすすめのコインパーキング経営会社を今すぐ確認