公開日: |最終更新日時:

コインパーキング経営でキャッシュレス決済を導入するメリット

日常生活のさまざまな場面でキャッシュレス決済の需要は年々増加しており、その傾向は今後も強まっていくと考えられています。駐車場をキャッシュレスにするメリットとして、1分単位で料金を請求できるようになることや、チケットレスを実現できるため環境にやさしいことなどが挙げられます。実駐車時間のみ請求するシステム体系をとれるのは、利用者にとってもメリットです。

オーナー側にとっても、利用履歴データから定期的にマーケティングを行えたり、釣札補充や現金回収等の手間が省けたりするというメリットがあります。機器に関するトラブルが起きにくい点や、初期投資にかかる費用が少ない点も嬉しい要素です。加えて、ポイントやデジタルクーポンを活用すれば、集客効果を増幅させることもできるでしょう。新規利用者を開拓したり、アイドルタイムを解消したりできるという点においても、キャッシュレス決済は秀でています。

コインパーキング経営でキャッシュレス決済を導入するデメリット

キャッシュレス決済をコインパーキング経営に導入する場合、スマホが持っていないと利用できなかったり、アプリをダウンロードする必要があったり、運営業者ごとにアプリを登録しなくてはならなかったりなどといったデメリットがあります。指定した口座に振り込まれるまでに時間がかかるのもデメリットの一つでしょう。さらに、手数料を支払わなくてはならなかったり、通信費がかかったりなど、新たなコストが必要になるのもマイナスの側面です。

キャッシュレスがコインパーキングの差別化ポイントになる!

パーク24株式会社が2019年に行った、「タイムズクラブ」の会員を対象に実施した「駐車場での決済手段」に関するアンケートでは、キャッシュレス決済を利用している人は8割弱※にも及びました。そして、「現金以外に利用している決済手段」はクレジットカードが最多であり、次いで電子マネー、ポイントの順番で続いています。

そして、注目すべきなのが、「駐車料金の精算時に利用できたら便利だと思う手段」において、クレジットカードと電子マネーが59%※だったということです。このように、利用者の間でキャッシュレス決済を求める声が多いため、キャッシュレス決済をコインパーキングに取り入れることは他のコインパーキングと差をつけることに繋がります。

コインパーキング経営を成功させる
コインパーキング経営を
成功させる

コインパーキング経営会社を
58社徹底調査!

コインパーキング経営で安定した収益を得られる会社はどこ?
安定した収益で機器メンテナンスや運営管理もまるごと任せられる会社を調査しました。

おすすめのコインパーキング経営会社を今すぐ確認