公開日: |最終更新日時:

ここでは小規模から事業用の立体駐車場まで対応する日本パーキングの時間貸し駐車場の特徴や導入ケースについて紹介しています。

コインパーキング経営の特徴

初期費用や管理・運営費がかからない

日本パーキングのコインパーキングは土地オーナーの所有地の一括借上を行い、機器・施工の費用は日本パーキングが負担するため初期費用がかかりません。また管理・運営費もかからないのでオーナー負担は固定資産税等公租公課のみ。駐車場の稼働状況に関わらず契約時に取り決めた賃料収入が毎月得ることが可能です。

独自基準で調査・分析を行い短期契約も可能

コインパーキング候補地については日本パーキングの独自基準により周辺ニーズや収益予測など調査・分析を行い、駐車場レイアウトやオーナーに支払われる毎月賃料を提案。契約後、約2~4週間程度でオープン可能です。また一時使用賃貸借契約なので借地権・営業権が発生せず、建築予定地などの短期運営にも対応しています。

コインパーキング運営に関する特徴

さまざまな駐車場に対応し管理業務の手間なし

取扱う駐車場の種類は平面(ロック式・ロックレス式・ゲート式)駐車場、機械式立体駐車場、自走式立体駐車場。個人の土地オーナーは短期賃借の平面パーキングが多いですが、事業者向けに自走式や機械式駐車場にも対応しています。

運営・管理に関しては日本パーキングが行い、毎日の清掃や機器メンテナンスに対応。また利用者からのクレームや事故、トラブル処理も行うためオーナーは手間をかけずにコインパーキング運営ができます。

コインパーキング事例紹介

月極駐車場の空きを時間貸しにして収益改善

すでに月極駐車場を運営しているものの満車にならない場合、空き台数分の収益化が可能です。日本パーキングが一括借上げを行うため、月極駐車場のように利用者との個別契約業務もなく賃料滞納のリスクも生じません。契約により借上げた台数分の賃料が毎月確実に支払われるため、駐車場経営の健全化を実現することができます。

売却先が決まるまで時間貸し駐車場として活用

土地オーナーが所有地の売却活動を行っていてもすぐに売却先が決まらないケースがあります。この場合、駐車場運営をメインに考えていなくても、売却が決まるまでの期間を時間貸し駐車場として活用。日本パーキングとの借地契約により地位継承を行うことで土地購入者に対して継続収入という付加価値を提供するが可能になります。

日本パーキングの会社情報

社名 日本パーキング株式会社
住所 東京都千代田区神田神保町2-4 東京建物神保町ビル
コインパーキング経営を成功させる
コインパーキング経営を
成功させる

コインパーキング経営会社を
58社徹底調査!

コインパーキング経営で安定した収益を得られる会社はどこ?
安定した収益で機器メンテナンスや運営管理もまるごと任せられる会社を調査しました。

おすすめのコインパーキング経営会社を今すぐ確認