公開日: |最終更新日時:

コインパーキング経営のメリット&デメリット

コインパーキング経営のメリット

  • 初期投資額が少ない
  • 運営・管理に手間がかからない
  • 他の活用方法に転換しやすい
  • 狭小地・変形地でも可能

コインパーキング経営の大きなメリットは、初期投資額が少ないことです。自分で管理運営をする「個人経営方式」や駐車場運営会社に土地を貸す「一括借り上げ方式」の方法がありますが、いずれにしても土地を駐車場にするための設備は低く抑えられます。「一括借り上げ方式」の場合、契約する管理会社によっては初期費用0円で始められることも。

初期投資額が低いためにリスクも低く、運営や管理もほぼ手間がかからないというメリットがあります。

一旦コインパーキング経営を始めたとしても、すぐに他の活用方法に転用しやすいのも大きなメリットと言えるでしょう。

また、コインパーキングは車が数台停められれば良いので、狭い土地や変形の土地でも活用可能。建物を建てるには厳しいという土地も有効に活用することができます。

コインパーキング経営のデメリット

  • 収益が限られる
  • 土地の運用効率が悪い
  • 節税効果が低い

一方で、コインパーキング経営には収益が上がりにくいという難点があります。一括借り上げ方式の場合は、毎月安定した収入が入ってきますが、土地を貸している賃料しか入ってこず、それ以上に収益が上がる見込みはありません。

駐車場は停められる台数が限られており、2階、3階と上にも伸ばせないため、土地の運用効率も悪く、収益を伸ばす方法が限られています。また、コインパーキング経営は、建物を建てた場合の固定資産税や都市計画税の特例を受けることができず、節税効果が低くなります。相続税も同様に、節税効果が少なくなります。

アパート経営のメリット・デメリット

アパート経営のメリット

  • 節税対策になる
  • 長期的な安定収入が見込める
  • アパートを担保として融資を受けられる

アパート経営は、固定資産税が最大で6分の1、都市計画税が最大で3分の1になるという節税メリットがあります。土地の広さや高さによって、遊休地の価値を最大限に引き出すことができ、長期にわたって安定した収入が見込めます。

また相続税対策として高い効果もあります。

アパート経営のデメリット

  • 初期投資額が大きい
  • 老朽化のメンテナンス、災害リスクがある
  • 入居者トラブルリスクがある
  • 空室があると収入が減る

デメリットとしては、まずアパートを建てる必要があります。初期投資額が大きく、一般的に建設費用の5%程度を準備しなければならないとされています。また一度アパート経営を始めてしまうと、他への転用や分割が難しいというデメリットも。

大家としてのアパート管理や補修などの手間、住人トラブル、家賃滞納、災害による建物被害など、リスクも大きなものになります。

低い初期投資額で安定した収入が得られるのは?

初期費用0円はコインパーキング経営

初期投資額を抑えたいのであれば、コインパーキング経営の「一括借り上げ方式」が、コスト面で言うと優れています。駐車場運営会社によっては、土地を駐車場にする施工代金はすべて負担し、運営も管理もすべてお任せできるため、初期費用0円で始められます。

オーナーは土地を貸すだけで、毎月安定した収入が入ってくるようになり、遊休地の有効活用ができます。

コインパーキング経営は土地を選ばない

駐車場は、車を停めることができればいいので、狭小地や変形地でもコインパーキングを作ることができます。アパートやマンションには活用しづらい狭小地や変形地であっても、コインパーキングであれば車を2〜3台停められるスペースとなります。

小さな土地を活用したいならば、コインパーキング経営がおすすめです。

節税メリットが少ないのはコインパーキング経営

コインパーキング経営は、建物を建てないため住宅用地の適用を受けることができず、固定資産税や都市計画税の評価減がありません。

コインパーキングの場合、固定資産税・都市計画税の評価は更地と同じになるため、節税メリットが少なくなります。

相続税評価においても更地と同じ評価となり、アパート建設をした際のように、資産評価を引き下げるという相続対策にはなりません。

また初期投資額が少ないために、減価償却費が少なくなり、所得税への課税も大きくなってしまいます。

節税対策したいならアパート経営がおすすめ

なぜアパート経営は節税対策になるのか?

土地にアパートやマンションなどの建物を建てると、住宅用地としての固定資産税・都市計画税の軽減措置を受けることができます。

また相続税に関しても、評価額の違いと貸家建付地による節税ができます。

さらに、建物の建築費用を減価償却として計上できるので、所得から差し引くことができ、所得税の節税にも繋がります。ただし、減価償却費はアパートの構造によって法定耐用年数が異なるため、減価償却できる期間が変わります。

またアパート経営では、所得税・住民税を青色申告特別控除で行うことが可能。青色申告を行えば、生計が同一の15歳以上の配偶者、その他の親族への給与を必要経費にすることもできます(※10室以上のアパート)。

高収入を得る可能性もあるがリスクも高い

アパート経営は、繁華街に近い、駅チカなどの立地によっては高収入を得られます。初期投資は大きくなりますが、人気の高いエリアで空室なく経営できれば、長期にわたって安定した高収入が期待できるでしょう。

その一方で、建物の維持管理や老朽化の際の対策、大規模改修などメンテナンスにも大きな金額がかかります。災害による被害のリスクもゼロではありません。

また立地や建物によっては空室が出ることもあり、その間は収入が減ってしまうことも。入居者トラブルや家賃滞納などへの対応・対策も必要となります。

土地活用するならコインパーキング経営がおすすめ

コインパーキング経営とアパート経営、土地活用にどちらが向いているのかは、立地や土地の広さ、形状によって変わります。またオーナー自身がどのように活用したいかによっても答えは異なるでしょう。

その上で、使わない土地がある、ただ固定資産税だけを払い続けているのはもったいないというのであれば、費用をかけずに始められるコインパーキング経営がおすすめです。

個人で運営するにしても、駐車場管理会社に任せるにしても、初期投資額が低く、リスクも低くなります。駐車場管理会社の一括借り上げ方式なら、初期費用0円で、管理・運営もすべて任せられ、毎月の収入になります。

駐車場として活用しても、他の活用方法が決まればすぐに変更できるのも大きなメリットです。

土地活用をするなら、まずは手軽なコインパーキング経営をおすすめします。

コインパーキング経営を成功させる
コインパーキング経営を
成功させる

コインパーキング経営会社を
58社徹底調査!

コインパーキング経営で安定した収益を得られる会社はどこ?
安定した収益で機器メンテナンスや運営管理もまるごと任せられる会社を調査しました。

おすすめのコインパーキング経営会社を今すぐ確認