公開日: |最終更新日時:

BooBooParkは、京都府を中心にコインパーキング運営している会社です。近畿エリアでも500箇所以上(2021年2月時点)のコインパーキングを経営しており、地元の利用者はもちろん観光客にもニーズが見込めます。

幅広い経営スタイルでコインパーキング経営をサポートする、BooBooParkについての情報をまとめました。

コインパーキング経営の特徴

ニーズに合わせて選べる多様な経営スタイル

BooBooParkでは、土地オーナーのニーズに沿えるよう、さまざまな経営スタイルを用意。清掃・集金といった管理作業なしに毎月一定の賃料が保証される「一括借り上げ方式」、土地オーナー地震が駐車場運営を行う「自主運営方式」、BooBooParkが機器を持ち込み土地オーナーが運営管理費を負担する「共同運営方式」などを、要望や土地に合わせて提案しています。

軽専用駐車場スペースで経営効率アップ

「効率よくコインパーキング経営をしたい」「停められる台数を増やしたい」「自宅の軒先に駐車場を設置したい」といった要望に対しては、軽専用駐車場・小型専用駐車場で対応。限られた土地スペースで通常より多くの駐車台数を確保できるため、人気を集めています。狭小地や変形地でも状況によっては設置OKなので、相談してみるとよいでしょう。

土地の立地を考慮したコインパーキング運営

BooBooParkでは、コインパーキング運営スタート前に入念な分析やマーケティングを実施。市場動向をチェックしながら、コストパフォーマンスの良いコインパーキング経営を心がけています。

具体的には、

  • 周辺地域の世帯数や競合
  • 月極駐車場の現在値や将来性
  • 最寄駅までの距離
  • 想定される交通量や自転車や歩行者の割合
  • 公共交通機関や商業施設の有無

といった観点から、定量と定性を細かく分析。いかに収益をあげられるか、運営前の駐車場ニーズを把握してくれるだけでなく、オープン後も細かいフォローをしてくれます。

時代と共に経営するコインパーキング

BooBooParkでは、時代の需要と利用者の快適性を追求し、より利用ニーズが上がるコインパーキング運営に力をいれています。クレジットカード決済を導入し、独自のメダル方式を導入。さらに駐車場をWi-Fiスポットにするなど、駐車場+αの価値を取り入れています。

BooBooParkは京都府をはじめ、近畿エリアや観光地で多数展開。観光客目線のニーズも取り入れた経営も重視しています。また、コインパーキング運営状況を考慮し、よりマッチしたプランをオーナーへ提案。一方通行なサービスではなく、自分の要望も取り入れたコインパーキング経営をしたい人におすすめです。

コインパーキング運営に関する特徴

24時間監視システムによる運用管理

BooBooParkでは、コインパーキング経営におけるさまざまなトラブルに対応できるよう、24時間監視システムによる運用管理を実施。大手の警備会社と提携・協力しているため、場内での事故やトラブルはもちろん、クレームに対しても昼夜を問わず対応可能となっています。場内の環境整備に関しては、BooBooParkスタッフによる定期巡回を徹底。設備点検・メンテナンス・集金・備品補充・場内清掃に努め、常に利用しやすく清潔な駐車場をキープしています。

未活用の土地から低稼働の土地まで対応

活用されていない土地や建物やビルについて、多種多様な運営ができます。

  • 将来的に活用予定だけど今は未定
  • 駐車場経営しているけど稼働率が悪い
  • 不法駐車をされて困っている
  • 管理が大変だからもっと楽に運営したい

といった幅広い要望に応え、オーナーにとって何がベストなのか?を考えたコインパーキング運営に力をいれています。条件を設けず、未活用から低稼働の土地まで、幅広く対応してくれるため、オーナーからの問い合わせが多いのだとか。利用者目線だけでなく、オーナー目線も大切にすることこそが、BooBooParkの拡大の秘訣かもしれません。

コインパーキング事例紹介

三角形の変形地をコインパーキングにした事例

道路に挟まれた、三角形の変形地をコインパーキングにした事例。土地の形がいびつなので、駐車場にするのは難しそうに思えますが、BooBooParkは京都の住宅密集地でさまざまな土地をコインパーキングにしてきた実績があります。三角形の変形地も、2台の車をしっかりと停められるコインパーキングに生まれ変わっています。

月極駐車場の空きスペースを転用した事例

月極駐車場の空きスペースを活用して、コインパーキングにした事例。月極駐車場の場合、「空きスペースがなかなか埋まらない」といった悩みや、「解約されて収入が減ってしまった」といった悩みを抱えることが多いですが、そのスペースをコインパーキングにして活用すれば収益化ができ、ムダがありません。

更地ではなく敷地内でコインパーキング運用

更地ではなく、マンションやビルの敷地内でコインパーキング運営をしているケースです。数台のスペースでもうまく活用し、収益はもちろん利用者が駐車しやすいスペースにこだわっています。周辺環境を考慮し、マーケティング結果に基づいて運用成功した事例です。

BooBooParkの会社情報

社名 テクハン株式会社
住所 京都府京都市中京区西ノ京北聖町10番地の2
コインパーキング経営を成功させる
コインパーキング経営を
成功させる

コインパーキング経営会社を
58社徹底調査!

コインパーキング経営で安定した収益を得られる会社はどこ?
安定した収益で機器メンテナンスや運営管理もまるごと任せられる会社を調査しました。

おすすめのコインパーキング経営会社を今すぐ確認