公開日: |最終更新日時:

コインパーキング経営の失敗で多い事例のひとつが、近くにできた競合に負けてしまったというものです。駐車場の広さや使いやすさ、価格などの条件が競合に負けてしまうと、売上が急激に下がることがあります。個人経営の場合と管理会社と契約している場合とで、どのようなケースがあるかをまとめました。契約時の注意点もあわせてご確認ください。

個人経営の場合、戦略がわからず競合に負けてしまう

コインパーキング経営での失敗に多いケースのひとつが、競合に負けるというものです。個人でコインパーキングを経営している場合、駐車場の売上がそのまま自分の収入に反映します。順調に利用されているうちはいいのですが、近隣に競合の駐車場ができると、そちらの方に利用者が流れてしまいかねません。

利用しやすいレイアウトであったり、お得な料金設定だったりなど、しっかりした戦略で運営されている駐車場が近くにあると、大きく影響を受けます。コインパーキングの戦略が分からないと、価格競争に巻き込まれるでしょう。想定より低い収入が続き、赤字になって、コインパーキングを閉鎖するという結果になることがあります。

管理会社と契約している場合、賃料が減額されることも

個人経営でコインパーキングを運営すると、近隣の競合の状況や戦略などによって失敗するかもしれません。そこで管理会社と契約し、一括借り上げ方式でのコインパーキング経営を選択する人も多いでしょう。一括借り上げの場合は、管理会社からの賃料が収入になるため、駐車場の売上に応じた高収入は期待できませんが、逆に売上に左右されることもありません。しかし、競合ができて収入が減ったとき、賃料自体が減額されることがあります。

賃料が減るならと撤退すると、契約期間の条件によっては違約金が発生するかもしれません。一括借り上げの方が収入は安定し、運営の手間や悩みは手放せます。しかし、思わぬ落とし穴にはまってしまわないよう、契約前に「賃料が減額となる条項」を確認しておきましょう。

まとめ

コインパーキング経営において、近隣の競合に負けるという失敗事例は少なくありません。個人経営と管理会社と契約する場合とで注意すべきことは異なります。

個人で経営する場合は、周辺環境のリサーチを徹底しましょう。現在の競合調査も大切ですが、未来の競合の参入を予想することも大切です。周辺のパーキングを見たときに満車になっているところが多ければ、競合が参入してくる可能性が高いと考えられます。また、大型駐車場がある商業施設も競合になるかもしれません。

一括借り上げで管理会社と契約する場合は、駐車場の売上に応じて、賃料減額の可能性があります。ただし、個人経営で赤字になるような大きなリスクは抑えられるでしょう。事前の調査を念入りにしてくれる管理会社を選ぶことが大切です。

コインパーキング経営を成功させる
コインパーキング経営を
成功させる

コインパーキング経営会社を
58社徹底調査!

コインパーキング経営で安定した収益を得られる会社はどこ?
安定した収益で機器メンテナンスや運営管理もまるごと任せられる会社を調査しました。

おすすめのコインパーキング経営会社を今すぐ確認