公開日: |最終更新日時:

駐車場経営の形態の一つであるコインパーキングは、無人経営可能、建物の建築不要といったメリットが得られる一方、リスクも生じます。この記事では、コインパーキング経営における主なリスクとその対策について分かりやすく解説。ぜひ、リスクヘッジを図る参考にしてください。

コインパーキング経営のリスクとは

まず、コインパーキング経営に際して考えられる主なリスクについて確認しましょう。

事故発生時に責任を追及される可能性がある

コインパーキング経営では、駐車場内で事故が起こった場合の措置を想定しておく必要があります。駐車場内での事故発生後、オーナーの管理不行き届きが原因であるという判断がされると、責任を一部負うことになる可能性も。また事故発生時に精算機といった設備が破損してしまうと、オーナー自身で修繕費用を負担する場合もあります。

不正利用による損失

コインパーキング内で無断駐車を行うような、悪質な利用者の存在も否定できません。不正利用によって駐車料金が適切に支払われなければ、売り上げの機会損失につながります。不正利用が発覚しても適切な処置を行わず、常習的に長時間駐車スペースが失われる状態になると、更なる損失拡大につながってしまうため注意が必要です。

収入の減額リスク

コインパーキング経営では、賃料収入の減額リスクを理解しておきましょう。例えばコインパーキング経営を委託会社へ委託している場合、地価の変動といった諸条件によって賃料の減額を提案される可能性があります。また、事前の市場調査不足で想定よりも利用者の少ない状態となってしまった場合でも、同様の対応をとらざるを得なくなります。

災害による設備損壊

コインパーキングに限らず、不動産投資では地震や台風、ゲリラ豪雨などの天災によって、駐車場に亀裂が入ったり、精算機や周辺設備に損害を受けたりする可能性があります。コインパーキング経営を始める時は、周辺地域の災害リスクを調べる、災害ハザードマップを確認するといった作業を怠らず、天災のリスクに備えるようにしましょう。

競合との価格競争

コインパーキングの競合が複数存在すると、利用者を奪われてしまうリスクや、駐車料金の値下げといった価格競争に巻き込まれるリスク、最悪撤退を余儀なくされるリスクもあります。コインパーキング経営を始める時は、周辺地域のコインパーキングや月極駐車場の有無や数、駐車料金の平均を調べることが不可欠です。

一括借り上げ方式を選択した場合は初期費用あり

コインパーキングの委託会社へ土地を貸し出して運営管理を委託する一括借り上げ方式であれば、初期費用0円で始められる場合も。しかし中には一定の条件を満たさなければ初期費用ありというケースもあるため、契約条件や初期費用についての確認は、多少煩雑で合った場合も抜かりなく行いましょう。

賃貸経営よりも収益率の低い投資

コインパーキング経営はマンションやアパート、借家などと比較して、立体的な運用を行えないため、一般的には収益性の低い事業となります。建物を建てる予算が確保可能な状況であったり、一定の土地を取得していたりする場合、マンションやアパートなどの賃貸経営を検討した方が良いケースも。

駐車場の需要低下に備える

都心部や交通機関の発達した地域では、自動車を持たない人も少なくありません。近年では駐車場シェアリングサービスの展開によって、駐車場を持たずに自動車を運転できる環境になりつつあるほか、フードデリバリーの普及で、自宅にいながらさまざまなサービスを受けられるようになっています。コインパーキング経営を検討する際は、自家用車の需要低下が見込まれるエリアではないか、車を利用した外出の機会減少といったリスクが無いか、一度想像してみましょう。

車上荒らしなどの犯罪リスク

コインパーキング経営は一般的に無人で行うため、精算機や車上荒らし、車の盗難といった犯罪に巻き込まれる可能性も。万が一、防犯対策や管理不足で責任を問われたり、悪い評判が立ったりすると、利用者獲得に苦戦してしまう状況も考えられます。

コインパーキング経営のリスクに対応するには

コインパーキング経営に際して、想定される様々なリスクに対して、どのような対策が講じられるでしょう。ここでは最低限把握しておくべき対処法についてご紹介します。

コインパーキングの委託業者は比較を行う

コインパーキング経営の委託業者を探す際は1社ではなく複数業者を比較し、コストや実績、契約条件といった点で、よりメリットの多い業者を見つけるようにしましょう。コインパーキング業者の中には、高額な契約料を提示したり、嘘のシミュレーション結果を作成したりする悪質な業者も存在します。各業者の公式サイトだけでなく、情報サイトや一括見積比較サイトを利用し、効率的に情報収集を進めましょう。

事故や災害といった損失に備える

事故や災害の発生を事前に知ることはできません。経営を始める前に、防災対策においてはハザードマップによる地盤の状態や浸水リスクの確認をする、事故責任の追及リスクにおいては「コインパーキングの利用時に発生した事故の責任は負いません」といった明記を行う、日々の管理を怠らないなど、対策を徹底しておきましょう。

防犯対策を講じる

コインパーキング経営では、防犯カメラの設置といった防犯対策が不可欠です。防犯カメラは、犯罪リスクの低下だけでなく、万が一の事件発生時に証拠として提出できるなど、さまざまな点で役立ちます。コインパーキング内の死角や周辺の治安などを調べておくと、車上荒らしや盗難のリスクがどれだけ高いのかも推察できるでしょう。

まとめ

コインパーキング経営は無人でも行えるというメリットがある一方で、賃料低下、災害や事故、犯罪、競合との価格競争など様々なリスクも抱えています。個人でさまざまなリスクを理解し対策を立てておくのも大切ですが、駐車場の保守管理のプロである会社に管理を委託するのも一つの手。コインパーキング経営を始めたい方は、今回の記事も参考にしながらコインパーキングの準備を進めてみてはいかがでしょうか。

コインパーキング経営を成功させる
コインパーキング経営を
成功させる

コインパーキング経営会社を
58社徹底調査!

コインパーキング経営で安定した収益を得られる会社はどこ?
安定した収益で機器メンテナンスや運営管理もまるごと任せられる会社を調査しました。

おすすめのコインパーキング経営会社を今すぐ確認