公開日:|最終更新日時:

比較的ローリスクで、安定した収入を目指せるコインパーキング経営。ここでは、これから経営を始めたいと考えている人の参考になるよう、コインパーキング経営の事例についてまとめてみました。

モデルルームの跡地をコインパーキングに

モデルルーム用に土地を貸していましたが、閉鎖になってしまった事例。次のモデルルームが決まるまでの間、土地をコインパーキングとして運用することにしました。モデルルーム運営時の賃料は月80万円で、それに比べると半分以下の収入になりましたが、収入ゼロの状態よりは有効活用ができていると満足しています。

商業地で持て余していた土地を有効活用

商業地に所有している土地にビルを建てようと計画していましたが、融資が下りず断念。月極駐車場にしようと考えましたが契約や運営の手間が煩わしいため、一括借り上げ方式で15台分のコインパーキングを開設しました。一括借り上げなので空きが出る心配もなく、毎月の固定収入があるため経営も安定したとのことです。

土地売却までの期間で暫定的に経営

相続した土地に使っていない古家があり、売却をしようにも相場が低く迷っていたケース。そこで、土地売却の条件が好転するまでの間、暫定的にコインパーキングを経営することにしました。自分たちで経営をしなくても賃料が入ってきますし、希望する売却条件になるまでじっくり検討できたのが良かったとのことです。

月極駐車場の一部をコインパーキングに転用

16台分の月極駐車場スペースを保有していましたが、契約なしのスペースが12台になってしまい、経営が苦しくなっていた事例。車室のレイアウトに無理があり、停めにくい形であったことも原因だったようです。そこで、所有するスペースの5台分をコインパーキングに転用し、レイアウトも車を停めやすい形に変更。コインパーキングの固定収入を得られるようになっただけでなく、月極駐車場の契約数も増えたとのことです。

マンション内の駐車場をコインパーキングへ

車を保有する住人が減ったことで、マンション内の入居者用駐車場20台中10台が空きスペースになってしまったという事例。空いてしまった10台分をコインパーキングにしたところ、来客用駐車場として利用できると住民からも好評。賃料は1台12,000円/月から10,000円にダウンしましたが、安定収入になったことで満足されています。

マンション建設予定地を暫定的に利用

マンション建設を予定していた土地を、着工するまでの4年間にわたりコインパーキングとして運用した事例。これならば更地のままで放置することもなく、マンション建設が始まるまでの間も収益をあげることが可能。契約期間についても柔軟に対応してもらうことができ、安心できたとのことです。

建設予定地でコインパーキング経営してもいいのかを確認

コインパーキング経営を成功させる
コインパーキング経営を
成功させる

コインパーキング経営会社を
58社徹底調査!

コインパーキング経営で安定した収益を得られる会社はどこ?
安定した収益で機器メンテナンスや運営管理もまるごと任せられる会社を調査しました。

おすすめのコインパーキング経営会社を今すぐ確認