公開日: |最終更新日時:

コインパーキング経営は市場調査が成功の鍵を握ります。土地があって舗装し、機器を設置すれば誰でも収益を上げられるほど簡単ではありません。賃貸マンションやアパートより初期投資も少なく、気軽にスタートできますが市場調査をいい加減にすると、期待した結果も出ないのです。市場調査が重要な理由を解説します。

適切な料金設定を見誤る

コインパーキングで市場町調査が重要なのは、エリアの状況を見極める必要があるからです。都市部の中心や繁華街や駅前のように、平日も休日も人が集まる場所には競合もたくさんあります。ベテランオーナーや管理会社は、競合に打ち勝つ方法を常時検討しており、重要な要素のひとつが、エリアの料金相場です。

自主運営をする場合、初期投資の負担は大きいですが、需要さえあれば大きな収益を挙げられます。そこで、料金相場を考えず儲けだけを追求して周辺相場より高額の料金設定にすれば悲惨な未来が待っているだけです。相場より高額のコインパーキングを積極的に利用したい方は少ないでしょう。

また、オープン前だけ料金相場を確認し、設定していても安心できません。競合は打ち勝つために、利用料金を変動させます。気付いたら、いつのまにかエリアで一番高いコインパーキングになり、利用者が減って収益が下がるケースもあるのです。売上や競合の動向をチェックするためにも、市場調査は重要です。

利用者がいないと収益は出ない

コインパーキング需要がないと、オープンしても負け戦です。極端な話として、観光地でもない山奥や、駐車禁止ではない場所があちこちにある住宅街に土地があるからとコインパーキングを作っても意味はないでしょう。市場調査をしっかりしないと、信じられないミスをしてしまうものです。

土地を持っている、安い土地を見つけたという理由だけで飛びついてはいけません。利用者はいるのか、コインパーキングがあると喜ばれるのか、路上駐車はむずかしいかなど、見極めが必要です。需要がある場所でも、たどり着くまで狭い道を通らなければならないのも敬遠されます。

土地が狭いのも問題です。自動車の運転に慣れていない方や、大型の自動車だと、よほど困っていなければ選びません。ただ、駐車しやすい競合より優先順位は下位になります。この点も、市場調査をしっかりしないと見落としがちです。

競合のコインパーキングが多すぎる

競合コインパーキングが多すぎる、大型で利用しやすい競合があると厳しいです。競合が多いと、利用者の選択肢はたくさんあり助かります。ただ、完全自主運営のオーナーの立場からすれば、客が取られてしまい空室が目立てば赤字です。需要はあるのに競合も含めて稼働率が悪くなります。

また、近くに利便性が高くて相場より安い競合ができるのも困りものです。価格競争に発展すれば厳しい戦いになります。安くしすぎて利益が出なくなれば赤字です。この点も、市場調査が鍵を握ります。

大型駐車場がないか?または備えている大型商業施設はないかも、チェックが必要です。競合がたくさんありすぎて、稼働率が悪いかどうかも確認してみてください。逆に満車ばかりで、コインパーキングが不足していると判断すればベテランオーナーや、コインパーキング事業者が参戦する可能性は十分あります。勝利するためには、リピーターが増えるような独自の工夫が求められるでしょう。

まとめ

市場調査をしないコインパーキング経営はリスクが大きい

市場調査をしないコインパーキング経営は、失敗する可能性が高いです。明らかにコインパーキングが必要なエリアだとしても少なければ、理由を見落としている可能性もあります。需要があるかどうかも、市場調査をしないとわかりません。エリアの料金相場を見誤り、自主経営でチャレンジしても利用者が伸びないこともあるでしょう。そのため、コインパーキング経営をはじまるなら、市場調査は必須なのです。

コインパーキング経営を成功させる
コインパーキング経営を
成功させる

コインパーキング経営会社を
58社徹底調査!

コインパーキング経営で安定した収益を得られる会社はどこ?
安定した収益で機器メンテナンスや運営管理もまるごと任せられる会社を調査しました。

おすすめのコインパーキング経営会社を今すぐ確認