公開日: |最終更新日時:

コインパーキング経営は、その立地も気になるところです。今回は、イベント会場近くでのコインパーキングを経営についてまとめました。

イベント会場近くでのコインパーキング経営は?

イベント以外の利用者がいるかがカギ!

イベントと言っても、お花見、海水浴、紅葉、ウィンタースポーツなどの季節のもの、ライブやコンサートなどの頻繁に開催されるものと様々です。コインパーキングは、どんなに周辺が混雑していても、1度に駐車できる車の台数は決まっています。そのため、イベントがあるからと言って、その日1日の売上が大幅に上がるわけではありません。

これが理由で、他に何も無いような場所で1年に1回短期間だけ賑わうような土地では、駐車場利用者が少ないため、有効に活用できないかもしれません。コインパーキングは、オーナーは初期費用やランニングコストがかからない契約が多いですが、だからこそコインパーキング運営会社は利益が出るかどうかしっかり見極めて賃料などを決めているのです。

そのため、イベント会場近くで、他にもオフィスやお店、住宅街などがあり、普段から利用者が見込まれる土地であれば、良い契約ができるでしょう。

コインパーキング以外の駐車場契約もアリ!

それでは、もし普段は利用が見込めないような土地で、季節のイベントがある場合はどのように駐車場経営をするのがよいでしょうか?

駐車場経営は、コインパーキングの他にも「登録制の予約式駐車場サービス」と呼ばれる駐車場経営方法があります。この「登録制の予約式駐車場サービス」は、インターネット上で、自分の空土地を登録して駐車場として利用者に貸し出すサービスです。このシステムでは、売上の金額に応じて収入が発生するシステムで、利用料金も自分で決めることができます。

このようなシステムであれば、設備投資やランニングコストを考えると利益を回収しづらいと判断された土地でも、空いている土地を駐車場として有効活用することができます。コインパーキングと共に検討してみるのも良いでしょう。

コインパーキング経営を成功させる
コインパーキング経営を
成功させる

コインパーキング経営会社を
58社徹底調査!

コインパーキング経営で安定した収益を得られる会社はどこ?
安定した収益で機器メンテナンスや運営管理もまるごと任せられる会社を調査しました。

おすすめのコインパーキング経営会社を今すぐ確認