公開日: |最終更新日時:

コインパーキングを経営するにあたって、近隣住民からのクレームトラブルもよくある話のひとつ。とくに住宅街の中にコインパーキングを開設する場合は、注意が必要です。ここでは近隣トラブルの失敗事例とその原因、そして対策方法についてご紹介します。

近隣住民トラブル事例とその原因

周辺環境や住民のリサーチ不足が原因

コインパーキングは基本的に24時間営業となっており、早朝や深夜であっても利用客が訪れます。そんなコインパーキングに寄せられる近隣住民からのクレームで多いのは、「深夜のアイドリングがうるさい」「ドアの開け閉めの音、フラップ板を乗り越える際の音が気になる」「排気ガスのニオイが臭い」「照明が明るくて眠れない」といった事例です。こういった苦情の主な原因は、コインパーキング開設前の事前調査と配慮不足となっています。

対策方法

定期的な巡回で環境整備に努める

コインパーキングにおいて、近隣住民からのクレームになりやすいのが騒音。「アイドリング禁止」といった看板で注意喚起をするのも効果的ですが、やはり抑止力があるのは定期的なパトロールです。定期的に巡回をして場内の環境を保守したり、ときには利用者に直接声をかけることで、騒音トラブルに対応することができます。また、排気ガスについては住宅側にフェンスを設置、照明についてはカサの角度を調整して住宅側に光がいかないよう調節するといった対策が有効です。

問い合わせに迅速に対応できる体制

クレーム対応で重要なのは、スピーディーな対応。そのため、24時間365日対応できるコールセンターの設置は必須と言えるでしょう。自営でコインパーキングを経営する場合は、外部のコールセンターや警備会社と個人的に契約をするか、オーナー自らがクレーム対応をする必要があります。しかし、24時間365日体制のコールセンターを持つコインパーキング経営会社と契約をすれば、そういった手間もかかりません。

コインパーキングの自営と業務委託どっちがいい?
メリットデメリットを詳しく見る

まとめ

24時間クレーム対応してくれる会社を選ぼう

近隣住民とのトラブル防止・解決には、24時間対応のコールセンターが心強い存在です。おおむねどこのコインパーキング経営会社でもコールセンターは設置していますが、なかには対応がずさんなところもあり、さらなるクレームに発展するケースもあります。経営会社を慎重に選定し、信頼できるところと契約するようにしましょう。

コインパーキング経営を成功させる
コインパーキング経営を
成功させる

コインパーキング経営会社を
58社徹底調査!

コインパーキング経営で安定した収益を得られる会社はどこ?
安定した収益で機器メンテナンスや運営管理もまるごと任せられる会社を調査しました。

おすすめのコインパーキング経営会社を今すぐ確認