公開日: |最終更新日時:

コインパーキング経営では、自転車専用の駐輪場も選択肢に入れてみましょう。土地の形状やエリアという条件次第では、自転車のほうが儲かる可能性もあるからです。自転車用コインパーキングと相性がいい土地やエリアや仕組みについて解説します。

自転車のためのコインパーキング経営は儲かる?

自転車のためのコインパーキング経営が儲かるかどうかは、条件次第です。土地、エリア、競合調査、分析を行い、需要が見込めるなら自動車よりも自転車専用にしたほうが儲かる可能性があります。安定的に大きな収益は自動車と比較するとむずかしいかもしれません。天候が悪いと利用者が減るのもリスクです。ただ、自動車用のコインパーキングではむずかしい場合、別の選択肢として十分考えられます。

自転車用コインパーキングの仕組み

自転車用コインパーキングは、自動車用と仕組みは大きく変わりません。一般的には、ラックに自転車を乗せるとロックがかかります。出るときに精算機で料金を支払えば、ロックが解除されて出る仕組みです。契約も自動車と同様に、一括借上方式や管理と運営を委託する契約があります。

自転車用コインパーキングに合う土地とは

狭小地や変形地は自動車より自転車向き

狭小地や変形地では自動車を駐車できない場合もありますが、自転車はサイズが小さいため対応できます。細い道で自動車が通りづらい、敷地内へ侵入しづらいなどは自転車なら問題ないからです。

自動車用でも空いているなら自転車を駐車できる

月極やコインパーキングでも、自動車1台分が駐車できないスペースが出る場合もあります。そのスペースは自転車だと対応できるなら利用しない手はありません。

自転車用コインパーキングが向いているエリアとは

儲かるかどうかはエリアが大きな条件です。たとえば、駐輪場が少ない駅前ならライバルも少ないと利益を出せる可能性があります。学生や通勤する人の需要が見込めるからです。学校があると駐輪場の需要のほうが高い可能性もあります。

まとめ

自転車用コインパーキングは需要があるなら期待できる

自転車用コインパーキングは需要があるなら、自動車用より利益が出る可能性もあります。一台ずつの利益は安いかもしれませんが、需要があれば数が大きくなるからです。狭小地でも対応しやすいのは魅力でしょう。

コインパーキング経営を成功させる
コインパーキング経営を
成功させる

コインパーキング経営会社を
58社徹底調査!

コインパーキング経営で安定した収益を得られる会社はどこ?
安定した収益で機器メンテナンスや運営管理もまるごと任せられる会社を調査しました。

おすすめのコインパーキング経営会社を今すぐ確認