公開日: |最終更新日時:

コインパーキングを経営する際に一番多く発生するトラブルが料金滞納。滞納が長く続けばトラブルになるだけでなく、経営に支障をきたすことも。ここでは料金滞納への対策などを紹介していきます。

コインパーキングの料金滞納の実例

一口にコインパーキングの料金滞納と言っても様々なケースが考えられますが、ここでは実際にあった例を紹介します。

契約期限切れのケース

駐車期限が切れているにも関わらず、車を駐車したままにしているケースです。コインパーキングの料金と支払いについての契約書も交わしていないため、料金滞納の対処ができずにトラブルになります。

車検切れの車を放置したケース

コインパーキングに車検切れの車を放置。月極契約を交わしているものの料金は滞納し、トラブル発生から3年以上が経過。どのように対処していいか分からない状態が続いてしまったという例です。

駐車機器を破壊するケース

料金を支払わず、駐車場のバーを破壊したり強引にフラップを乗り越えて出庫したりするケースも。駐車料金が回収できないだけでなく、設備の修繕にも費用がかさんでしまい大きな損失になる事例です。

料金滞納への対策

駐車場管理の会社に委託する

料金滞納が長く続けば、予想していた収益に繋がらなくなります。回収するためには時間も労力もかかってしまい、負担も大きくなるでしょう。自身で解決しようとすると負担が大きいという場合、駐車場の経営を専門の会社に委託する方法があります。

収益は管理会社から支払われるため、料金滞納問題を抱え込まずに済み、さらに安定した収益を見込むことも可能になります。

シンプルな料金設定・前払い制

料金滞納をさせないためにも、シンプルな料金設定をしたり、前払い制を採用したりするのもオススメです。

最大料金の設定を行えば、利用者も料金を気にすることなく利用でき満足度アップにつながるため一石二鳥。さらに前払い制であれば、料金滞納のトラブルを未然に防げます。

防犯カメラの設置

料金を滞納する人の気持ちになって考えてみましょう。悪質な場合だと駐車場の機器を破壊し、強引に出庫するケースもありますが、果たして人に見られているとき、或いは自分を特定される可能性がある場合、そんな乱暴なことを堂々と行えるでしょうか。

こういったケースには、防犯カメラの設置や、見守りを行っているアピールをすることが有効です。

コインパーキング経営を成功させる
コインパーキング経営を
成功させる

コインパーキング経営会社を
58社徹底調査!

コインパーキング経営で安定した収益を得られる会社はどこ?
安定した収益で機器メンテナンスや運営管理もまるごと任せられる会社を調査しました。

おすすめのコインパーキング経営会社を今すぐ確認