公開日: |最終更新日時:

コインパーキング経営はコストがかかります。1番負担が大きいのは電気代です。どの程度かかるのか気になる電気代についてまとめました。

コインパーキング経営でかかる電気代

電気代の大半を占めるサーチライト

コインパーキング経営にかかる電気代のなかで、高額になるのがサーチライトです。コインパーキングの電気代の多くはサーチライトと考えてもいいでしょう。目安として、収容台数約10台につき300wのサーチライトは1灯。コインパーキングの規模や収容台数が大きくなるほど、サーチライトだけでも電気代はかかります。土地の形状や車1台分の駐車スペースの配置次第で増やさなければなりません。ただ、サーチライトを減らせば暗くなり、利便性や治安という点で利用者に不安が生まれます。

精算機やロック板も電気が必要

サーチライトはあくまでコインパーキングの中の、電気代がかかる要素のひとつです。他にも精算機やロック板の動作、料金や案内看板も光るタイプなら電気代がかかります。コインパーキング全体のトータルの電気代を考えるときには外せません。ただ、サーチライトと比較すれば電気代はそう大きくありません。また、所在地電力会社の契約内容にも電気代は左右される点も押さえておきましょう。

コインパーキング経営の
ランニングコストはどのくらい?

コインパーキング経営で電気代を節約するには?

サーチライトをLEDにする

従来、サーチライトは水銀灯でした。水銀灯は長期使用すれば明るさも落ちて頻繁に交換が必要です。LEDにすれば電気代を抑えられますし、水銀灯よりも交換回数を抑えられます。

調光機能付き照明で節約

調光機能付きも、電気代の節約につながります。自動車や利用者に反応したときだけ点灯するからです。誰もいない状況なら点灯しないため、長時間点灯しっぱなしのサーチライトよりも電気代を抑えられます。

まとめ

コインパーキング経営で電気代は節約を考えよう

コインパーキングは夜でも人が利用するものです。照明がないと恐怖を覚える方もいるでしょう。特に女性にとっては不安だらけです。「電気代を節約したいから照明は設置しない」と利用者から避けられるコインパーキングになりかねません。LEDや調光付きの照明にして節約したほうが得策です。

コインパーキング経営を成功させる
コインパーキング経営を
成功させる

コインパーキング経営会社を
58社徹底調査!

コインパーキング経営で安定した収益を得られる会社はどこ?
安定した収益で機器メンテナンスや運営管理もまるごと任せられる会社を調査しました。

おすすめのコインパーキング経営会社を今すぐ確認