公開日: |最終更新日時:

コインパーキング経営を始めるときは、悪徳業者に注意しましょう。悪徳業者に管理を任せてしまうと、利用者減少につながり、経営に失敗する可能性が高くなります。ここでは、悪徳コインパーキング会社を見極めるポイントを解説していますので、適切な管理会社選びの参考にしてください。

管理会社選びの失敗は利用者減少につながる

コインパーキング経営で成功するためには、管理会社の選び方が重要なポイントになります。なぜなら、誤って悪徳業者と契約を結んでしまうと、ずさんな管理が行われ、利用者が減ってしまうからです。

例えば、管理を委託したにもかかわらず、駐車場の清掃がされていないとしたらどうでしょう。駐車場は不潔になり、気持ちよく利用することができず、印象も悪くなって、客足が遠のいてしまいます。また、定期的なメンテナンスが行われず、機器の故障が続くような駐車場は利便性が悪いため、やはり利用者の減少につながります。

このように安定集客のことを考えると、管理会社の選び方は非常に重要です。では、どうすれば悪徳業者を避け信頼できる管理会社を選べるでしょうか。まずは、悪徳業者に見られる特徴を知る必要があります。

コインパーキング管理の悪徳業者に見られる特徴

コインパーキング管理の悪徳業者には、以下のような特徴があります。

コインパーキングしか勧めない

顧客の利益を真剣に考えてくれる管理会社なら、その土地に適した有効な活用方法をアドバイスしてくれるはずです。コインパーキングもいいですが、土地によってはアパートやマンション、月極駐車場の方が利益が上げやすいというケースもあるでしょう。

しかし一部業者の中には、顧客にとって有用な情報を伝えない、本来望ましい選択肢を提案しない、コインパーキングしか勧めない、といった場合もあるようです。このように、偏った情報や提案しか行わない管理会社については、注意を要します。

極端に高い賃料を提示してくる

管理会社に土地を貸して駐車場経営を行う一括借り上げ方式の場合、ポイントになるのは賃料(地代)です。月々の賃料が高ければ高いほど、オーナーにとっては高収益につながります。しかし、管理会社を選ぶ際、相場より極端に高い賃料を提示する業者には注意が必要です。

なぜなら、賃料が高いのはあくまで「客寄せ」が目的であり、まんまと契約した後、早い段階で値下げを迫ってくる可能性があるからです。複数の会社に見積もりを出してもらい、その中に極端な賃料を提示する業者があれば、警戒する必要があります。

契約内容を丁寧に説明しない

コインパーキング経営を管理委託で始める場合は、管理会社と契約を結び、合意した内容を契約書に記載することになります。契約書では、駐車場経営に関するルールが細かく取り決めてあり、土地オーナーと管理会社の双方の確認と合意が必要です。

それにもかかわらず、業者の中には契約書の中身を詳しく説明しない場合もあるようなので、このような業者には注意が必要です。具体的にどのような契約を結ぼうとしているのか、内容を詳しく丁寧に説明してくれる業者こそが、真に信頼できる業者といえるでしょう。

社員の定着率が低い

管理会社のサービスクオリティは、営業マンの定着率が高い会社の方が良くなる傾向にあります。営業マンの定着率が高いことは、一人ひとりの経験年数が長く、その経験を活かした質の高いサービスを提供できるからです。

しかし、悪徳業者の場合は営業マンの定着率が低いところが多く、社員の経験年数も少ない場合があります。このように社員の定着率が悪い会社では、より良いサービスを受けられない可能性がありますので、注意してください。

コインパーキング経営を成功させる
コインパーキング経営を
成功させる

コインパーキング経営会社を
58社徹底調査!

コインパーキング経営で安定した収益を得られる会社はどこ?
安定した収益で機器メンテナンスや運営管理もまるごと任せられる会社を調査しました。

おすすめのコインパーキング経営会社を今すぐ確認