公開日: |最終更新日時:

住宅街でもコインパーキングはできます。条件はありますが、需要さえあれば収益をあげられます。ただし、駅前や繁華街と同じような感覚だと失敗するリスクが出てくるのです。住宅街でコインパーキングが必要になる状況とはなにか?住宅街でコインパーキングを成功させるポイントはあるのか?その点を把握しなければなりません。

住宅街でもコインパーキング経営はできる?

住宅街でもコインパーキング経営はできます。住宅街にコインパーキングを設置しても利益が出にくいイメージがあるのではないでしょうか。住民は自分の敷地に駐車場を設けています。住民をターゲットにする場合、住宅街とコインパーキングの相性は良いとは言えません。しかし一部住民や住民外の方に目を向けると需要が見えてきます。

住民を対象にした營業者や工事車両の需要がある

住宅街に用事がある外部業者の需要があります。たとえば営業マンや工事関係者に需要があるのです。住宅街でも家が密集しているなら、敷地内に駐車はむずかしくなります。そのため、外部業者はコインパーキングを利用するのです。住宅街周辺に駐車場がないと勝ち目があります。

親族や知人や友人のための駐車場需要

親族や知人や友人が気軽に訪問するには駐車場が必要です。敷地内に何台も自動車が置けるスペースを確保するのは、とくに都市部だとむずかしいでしょう。コインパーキングがあれば、親族や知人や友人が訪問してきても自動車の置き場所で困りません。

住民が月極の代わりに利用する

家が密集した住宅街では、自動車を駐車できるスペースの確保が難しいもの。奥まった場所に行くため、広い道がないケースもあります。近所に月極駐車場もなければ不便です。そのとき、空いた土地をコインパーキングにすれば駐車場を確保できます。そのため、コインパーキング需要があるのです。

住宅街でコインパーキング経営する際のポイント

料金設定が重要

需要があっても、高い料金設定だと失敗します。駅前や繁華街より需要が低いからです。「足元を見ている!」と判断されたら、感情的に敬遠される場合があります。

景観とのバランスを考える

景観とのバランスを考えないと、地域住民からの評判が落ちてしまうことも。電飾で派手、巨大な看板は景観を崩す要因です。

大規模な駐車場でないと利益が少ない

住宅街では強気の料金設定はリスクがあります。1台で得られる利益は多くはありません。そのため大規模な駐車場で薄利多売が選択肢になります。限られたスペースならまた別の土地活用を考えたほうがいいかもしれません。

コインパーキング経営を成功させる
コインパーキング経営を
成功させる

コインパーキング経営会社を
58社徹底調査!

コインパーキング経営で安定した収益を得られる会社はどこ?
安定した収益で機器メンテナンスや運営管理もまるごと任せられる会社を調査しました。

おすすめのコインパーキング経営会社を今すぐ確認